01

検討から進学までの
スケジュール ※これは、あくまでモデルスケジュールであるため、このとおり進めなくても問題はありません

大学1~2年生

大学院留学を選択肢のひとつとして卒業後のキャリアを考え始める。
各国の教育制度や海外の大学院の情報を集め、また進学に必要な大学の成績(GPA)等を意識しておく。

  • 大学院留学フェアへの参加や、留学カウンセリングを受けて、必要な英語力や学力、予算等を確認する
    ※入学基準
    トップスクールの場合: GPA3.5以上(成績)、TOEFL100/IELTS7.0以上目安
    中堅校の場合: GPA3.0以上(成績)、TOEFL80/IELTS6.5以上目安

  • 模擬テストなどで英語力の現状を把握する

大学1~2年生

進学先の優先項目(国、地域、専攻など)を絞り、必要な英語力等を確認し、計画的に準備を始める。

  • 留学実現のための準備計画の作成
  • 英語テスト(TOEFL/IELTS)や学力テスト(アメリカの場合、GRE)の受験対策の開始
  • 目指したいキャリア像などを考え、要求される知識・経験などを把握する

大学3年生

集めた情報から志望大学のリストを作成する。

  • 入学要件やカリキュラムについて確認する
    ※学部の専攻との関連性が求められる場合もあるので要注意
  • 大学担当者が来日するフェアやセミナーに参加し、志望する専門分野の研究力等の情報を収集
  • 各大学のサイト等の情報を確認し、志望大学リストを作成
  • 要求されるテストスコアを3年次終了までに取得する

大学4年生
前半

志望大学の必要書類や出願締め切り日を確認し、必要であれば面接対策をする。

  • 大学院毎に異なる出願書類の用意(英語スコア、エッセイ、推薦状等)
  • 担当教授等へ推薦状の作成を依頼する
  • 一般的にトップ校、人気校ほど出願の締め切りが早いので早めにアクションを起こす
  • 面接(インタビュー)を課している場合もあるので対策をしておく

大学4年生
後半~卒業後

秋から春にかけて出願を完了し、その後に合格通知を受領する。

  • 審査に時間がかかる大学もあるので遅い場合には大学に問い合わせが必要
  • 早めに合格を得られない場合の追加志望校への出願を行う

必要に応じてサマースクールなどを手配し、併せて入学手続き、渡航手続き、入学準備を行う。

  • パスポート取得、ビザの申請、滞在先の手配、保険加入などの渡航手続きを行う
  • 留学開始後に必要な英会話やエッセイ、発表等に必要なアカデミック英語の修得を開始する

卒業後

出発~到着

  • 留学生オリエンテーションに参加し、生活のセットアップを始める
  • ファウンデーション・コースから開始する場合は、大学院入学まで授業対策に専念する
02

国・地域別留学ガイド

留学する国・地域によって留学の方法や流れは違います。ここでは、国別に留学方法や留学までの流れ、出願方法、費用などについてまとめております。
より詳しく知りたい場合は、実際にその国・地域へ留学した先輩から話を聞くこともオススメです


05

海外大学院進学講座
(オンライン配信講座)

当該講座は、文部科学省の委託事業「日本人の海外留学促進事業」を一部受託した団体である一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が実施するものです。

学生が進路の選択肢として海外の大学院への進学を検討する上で参考となる情報を提供するため、海外の大学院への進学に関心を持つ学生を対象に、留学スペシャリストによるセミナー動画を配信します。

説明内容
海外の大学院へ進学した学生の事例紹介、海外の大学院進学と日本の大学院進学の費用比較と各奨学金の紹介、留学開始までの流れ(必要な準備等)、海外留学における国ごとの違い 等
03

海外大学院進学のための
奨学金

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(海外留学等及び外国人留学生に関する情報)
入学金や授業料、生活費をサポートする奨学金があります 海外留学支援制度(大学院学位取得型)
(国費による支援・・・(独)日本学生支援機構による海外留学支援制度)
支援内容

最大総額
430万円/年を
支給返還不要

奨学金月額89,000円〜
148,000円
 
※留学先の国、地域により異なります。

授業料:1万米ドル相当までは実費額を支給、超える場合は採用状況により予算の範囲内で追加支給する場合があります。ただし250万円を上限とします。

支援期間 修士の学位を取得するコースは2年、博士の学位を取得するコースは原則3年を限度
採用人数 108名 ※2021年度募集

※詳細は以下の(独)日本学生支援機構ウェブサイトより最新の募集要項を確認ください。

海外留学支援制度(大学院学位取得型)について
詳しくはこちらをご覧ください。

他にも、さまざまな団体や企業が提供する多種多様な奨学金があります。
また、海外の大学進学に役立つ情報や各種説明会も紹介しています。

02

海外大学院に進学した
先輩の体験談

学びの質と経験値の
高さを実感!

アリゾナ大学 在学中

種田修三さん

種田修三さん
北海道大学卒業

有用微生物の農業への応用を目的に、健康な植物の葉に常在する微生物を研究しています。海外の大学院を意識したのは、大学4年時の米国留学でレベルの高い教育に感銘を受けたため。実際、研究と教育の質の高さを実感。さらに、海外で自分を見つめ直す機会は人生を考える上でとても有益だと思います。

全文を読む

不安の先に広がる
可能性を信じて!

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 在学中

第十早織さん
慶應義塾大学卒業

海外の大学院へ進む上で、一番の難関は資金でした。学費だけでなく、LAは生活費も高額なので、奨学金による支援がなければ実現できませんでした。多少の苦労は伴いますが、研究の内容はもちろん、人としての視野も広がります。不安があっても海外で学びたい気持ちがあるなら、ぜひ挑戦してほしいです。

全文を読む

欧州の研究者の
活発な交流に参加!

東京理科大学理工学部情報科学科 助教(現職)

神澤健雄さん

神澤健雄さん
ニコラス・コペルニクス大学 博士課程修了

大学4年時に、指導教官に博士課程の進学を相談したところ、ポーランドの先生の紹介を受け、渡航を決意しました。欧州は各国の距離が近く、国際学会などに参加することで多くの研究者と出会い、活発な意見交換ができました。友人もたくさんでき、生活や文化面でも貴重な学びを得ることができました。

全文を読む

長期間の博士課程を
支えてもらえた!

一橋大学・日本学術振興会特別研究員PD(現職)

ミラー富永枝里香さん

ミラー富永枝里香さん
ロンドン大学キングス・カレッジ・ロンドン 卒業

専門は国際関係史で、テニュアつきの職(講師・准教授など)を意識し、有利とされるイギリスでの博士号取得を目指しました。博士課程でも、長期間支援してもらえる日本学生支援機構の奨学金はとても貴重でした!

全文を読む
小尾晋之介教授
 慶應義塾大学理工学部
その年月がきっと未来を大きく変えます。
自らの先行を深めることは重要です。しかし、同時に、外国で生活する。観光旅行ではわからない現地の価値観に触れる。その上で日本を外から見直す。これらは、これからの社会を作る人たちが若いうちに経験しておくべきことです。頭が固くならないうちに、外の空気にふれてみましょう。いろいろ考えるのはそれからです。
04

海外留学相談ホットライン

海外留学相談ホットライン<メールによる無料相談>

海外留学相談ホットラインは、大学生本人や保護者の方、社会人、大学等の教職員の皆さま、自治体で留学関係を担当される方を対象に、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が提供する無料の留学相談サービスです。経験豊富な留学カウンセラーが留学の疑問や不安にお答えします。

メール相談

以下の専用のフォームから相談内容を入力してください。通常、2営業日程度で回答をメールにてご返信します。

  • ※土日祝祭日は営業していません。
  • ※お盆・年末年始等を除く
  • ※スムーズに対応させていただくため、まずは専用フォームから相談内容を入力してください。内容を確認した後、メールでの対応となります。
  • ※ご質問の内容によっては即答できない場合があります。

こんな質問ができます! こんな質問ができます!

  • 求められる英語力や学力
  • 留学までのスケジュール
  • 日本の大学院との違い
  • 大学院選びのポイント
  • アルバイト
  • 大学ですべき準備
  • GRE対策
  • IELTS、TOEFLの違い
  • 事前語学研修
  • 費用
  • 病気になった時
  • 奨学金
  • 出願方法と必要書類
  • 卒業の難易度
  • 学生寮など滞在方法の選択肢
  • 治安
  • 留学生向け保険
  • 留学生の就職

相談員プロフィール

野尻 嘉津子(JAOS認定留学カウンセラー)
一般社団法人 海外留学協議会(JAOS)所属
アメリカ留学経験、旅行会社勤務経験を経て、約30年来留学カウンセラーとしてたくさんの留学生の相談と送り出しを経験。様々な国での学校視察などを生かして、語学、進学など幅広い相談に対応。
※野尻以外の留学カウンセラーが対応する場合があります。
TOPへ

留学やトビタテの最新情報をGET!