トビタテ!留学JAPANとは

政府だけではなく、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む
「留学促進キャンペーン」です。

文部科学省は、意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として、2013年10月より留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始しました。(同年11月に開催された「トビタテ!留学JAPAN」TAKE OFFイベントへの安倍内閣総理大臣(当時)のメッセージはこちら)政府だけでなく、社会総掛かりで取り組むことにより大きな効果が得られるものと考え、各分野で活躍されている方々や民間企業からの御支援や御寄附などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成します。
これらの取組により、「日本再興戦略~JAPAN is BACK」(2013年6月14日閣議決定)において掲げた目標である東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指します。留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の主な取組のひとつとして、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」が2014年からスタートしました。

萩生田大臣メッセージ

萩生田大臣

世界は今、激しく変化しています。
グローバル化の進展が人々の国際的な移動の爆発的拡大をもたらし、人工知能(AI)やビックデータ、Internet of Things(IoT)等の先端技術の急速な高度化は、国内外の産業構造や私たちの生活環境に大きな影響を及ぼしつつあります。
他方、世界は、格差や気象変動、持続可能な消費や生産など地球規模で解決すべき多くの課題も抱えています。
こうした先を見通すことが困難な時代にあってなお、社会変革を実現していくためには、変化を受容し、異文化を理解・尊重しながら、チャレンジ精神を持って新しい価値を創造することのできるグローバル人材を育成することが重要です。

海外留学は、そのための一つの有効な手段です。若い時期の留学や海外経験は、将来の可能性や選択肢を広げ、また、多様な人々との関りの中で海外から日本を客観的に眺めることは、広い視野と俯瞰的な視点を身に付ける絶好の機会ともなります。このため、文部科学省では、若者の海外留学などの新しい挑戦を後押しできるよう、海外留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を推進し、海外留学の魅力や意義等を広く情報発信するとともに、国費による海外留学支援を行っています。

さらに、民間企業・団体等とも連携し、オールジャパンでグローバル人材を育成する取組を進めています。その中核である「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では、240を超える民間企業・団体・個人からの約120億円のご寄附を活用し、これまでに約8千人の若者が、海外での多様な実践活動の経験等を経て、グローバル人材としての成長を遂げています。

これからの社会変革を担う若い世代一人一人の可能性を最大限に伸ばすことのできるよう、50年後100年後の未来を見据え今後も全力で取り組んでまいります。将来の日本を支えるグローバル人材の育成につきまして、皆様方の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

文部科学大臣
教育再生担当大臣
萩生田光一

他にも、様々な業界・立場の方々が「トビタテ!留学JAPAN」の
主旨に賛同し、若者の留学を応援してくれています!

今、なぜ留学? 今、なぜ留学?

留学を支援する奨学金

寄附・ご支援について

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN ~」は、皆様からの御寄附で成り立っています。

留学やトビタテの最新情報をGET!

公式アカウントをフォロー

ニュースレターを受け取る