01

国別留学ガイド

留学する国によって留学の方法や流れは違います。ここでは、国別に留学方法や留学までの流れ、出願方法、費用などについてまとめております。
より詳しく知りたい場合は、実際にその国へ留学した先輩から話を聞くこともオススメです

02

検討から進学までの
スケジュール

高校1年生

日本と海外の大学の
違いを知ろう!

  • 大学進学フェアに参加する
  • 留学カウンセリングを受けて、必要な英語力・学力・費用等を確認する

高校2年生
前半

進学したい国を決めて、
必要なテストにトライしよう!

  • 進学を希望する国を決める
  • 必要なテスト(TOEFLなどの英語/SATなどの学力)の準備を整え、受験する

高校2年生
後半

学びたい専攻や
志望大学を考えよう!

  • 専攻分野を検討する
  • 志望する大学が参加する留学フェア等で必要な情報を入手する
  • 各大学のサイト等で情報収集し、志望大学リストを作成する

高校3年生
前半

志望大学の必要書類や
出願締切日を確認しよう!

  • 志望大学に必要な出願書類を準備する※上位大学・人気大学ほど出願の締切が早い傾向があるので注意しましょう。
  • 面接(インタビュー)がある場合は、面接対策をする

高校3年生
後半

志望大学に出願しよう!

  • 審査に時間がかかる大学もあるため、遅い場合は大学に問い合わせする。
  • 志望大学に必要な出願書類を準備する

高校3年生
後半~卒業後

合格したら、渡航手続きや
入学準備をしよう!

  • 入学する大学を決定する
  • パスポートの取得や学費の支払い等の必要な手続きをする
  • 日常生活や大学の学びに必要な語学を修得しはじめる

卒業後

いざ、世界へ!

  • 大学の留学生オリエンテーションに参加し、日常生活をスタートさせる
  • 大学付属の英語学校のコースから開始する場合は、授業対策に専念する
03

海外大学に進学した
先輩の体験談

何でも乗り越えられる
自信と力が身についた!

中国・ニューヨーク大学上海校に留学中
金沢優真さん

海外の大学生活で得られた最大の成果は、何事にも柔軟に対応できる力。食事、言語、文化など、すべてに慣れるまで苦労しましたが、その過程で培った適応力は、この経験でしか得られないものだと思います。すべてがうまくいくことはないので「反省はしても後悔はしない」というくらいの気持ちで挑戦するといいと思います。

金沢優真さんのお母さん:
金沢薫さん
経験者の情報や奨学金が後押しになりました。
社会の変化のスピードは、今後ますます加速していくと思います。海外の大学への進学は容易なことではありませんが、息子がこれからの時代に対応する力を身につける有効な機会だと思い、送り出しました。親としては生活面や費用面で心配な点もあったので、さまざまな経験者の情報や奨学金には、とても助かりました。

グローバルな生き方を
リアルに学んでいます。

カナダ・トロント大学に留学中
加藤あまねさん

スタート当時は、現地になじむことが大切ですが、しばらくして周囲に流されず信念を持つことも大切だと気づきました。自分の文化や背景を軸にすることで、他の国々から来たクラスメートたちとの違いを知り、互いに理解しあうことができます。そんな国際社会との向き合い方も学べるよい機会だと思っています。

加藤あまねさんの高校時代の担任:菅原幹雄先生
生徒たちのチャレンジをサポートします!
国内の大学と違う書類や手続きに戸惑いましたが、個々の作業を加藤さんと確認しながら進めることで、思っていたほど苦労せずに進められました。実現までいくつかのハードルはありますが、強い意志で乗り越えようとする若者にとって、それさえも成長に結びつく経験になります。今後も希望する生徒たちを応援したいですね。

その他の先輩体験談は「留学大図鑑」でCheck!

04

海外大学進学のための
奨学金

高校等を卒業後に海外の大学で学士号の取得を目指す人のための海外留学支援制度
(学部学位取得型)があります。 (国費による支援・・・(独)日本学生支援機構による海外留学支援制度)
対象者
  • 海外の大学で「学士号」を取得する課程に直接進学する者
  • 平成30年に日本国内の高校・専修学校の高等部を卒業する者高等専門学校3年次を修了する者
  • 高等学校卒業程度認定試験の合格者
    ※その他、語学能力要件、年齢制限等があります。
支援内容

国の海外留学支援制度(学部学位取得型)の場合

最大総額
400万円/年を
支給返還不要

奨学金月額59,000円〜
118,000円
 
※留学先の国、地域により異なります。

授業料:年間250万円を上限とする実費学 
※支援額は、政府予算の成立状況等により変更する場合があります。

支援期間 原則4年間
採用人数 45名

海外留学支援制度について
詳しくはこちらをご覧ください。

他にも、さまざまな団体や企業が提供する多種多様な奨学金があります。
また、海外の大学進学に役立つ情報や各種説明会も紹介しています。

05

電話無料相談&留学説明会

海外留学相談ホットライン<電話無料相談>

留学相談ホットラインは、高校生や高校教員の皆さまを対象に、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が提供する無料の留学相談サービスです。経験豊富な留学カウンセラーが留学の疑問や不安にお答えします。

電話番号:03-6228-1512

(受付時間:火・金 13:00〜17:00)

  • ※ご質問の内容によっては即答できない場合があります。
  • ※話し中の場合はお手数ですが時間をあけてご連絡ください。またはオンライン相談をご利用ください。
  • ※受付時間以外は留守番電話になっています。メッセージがある場合は必ず電話番号も残してください。
オンライン相談もあります

以下の専用のフォームから相談内容を入力してください。通常、2営業日程度で回答をメールにてご返信します。

  • ※土日祝祭日は営業していません。
留学説明会について
全国の自治体等で開催予定の海外大学進学に関する説明会情報を随時更新していきます。

相談員プロフィール

野尻 嘉津子(JAOS認定留学カウンセラー)
一般社団法人 海外留学協議会(JAOS)所属
アメリカ留学経験、旅行会社勤務経験を経て、約30年来留学カウンセラーとしてたくさんの留学生の相談と送り出しを経験。様々な国での学校視察などを生かして、語学、進学など幅広い相談に対応。
※野尻以外の留学カウンセラーが対応する場合があります。
留学説明会について
全国の自治体等で開催予定の海外大学進学に関する説明会情報を随時更新していきます。
06

公的機構等による
留学イベント

(独)日本学生支援機構(JASSO)では、海外留学に関するイベント・説明会を主催し、また、他の公的団体が主催するイベント・説明会に参加・協力を行っています。
海外留学に関するイベント・説明会・フェアの情報はこちらをご覧ください。