留学大図鑑

まり

出身・在学高校:
Kilvington Grammar School
出身・在学校:
東京海洋大学大学院
出身・在学学部学科:
海洋科学技術研究科
在籍企業・組織:

最終更新日:2018年10月29日

博士号取得のため研究留学

留学テーマ・分野:
大学院進学(修士号・博士号取得)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Flinders University, College of Science and Engineering
  • オーストラリア
留学期間:
12カ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金なし

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

現在の所属大学とFlinders Universityとの共同指導という形で博士号の取得のため1年間の留学を行いました。帰国後、日本の大学院を卒業時にFlinders Universityからも学位を受け取る予定になっています。留学中はSouth Australia Research and Development Instituteとも共同で室内実験を行い、現在の研究内容をより高めることができ、成果は国際誌に投稿することができました。
また、留学期間中は研究者としてのネットワークを広げるため2回の国際学会での発表(ベルギー、アメリカ)を行ったほか、指導教官の教授とイギリス、アメリカでの会議にも出席しました。

留学の動機

共同指導により2つの博士号を取得できるという話をFlinders Universityから頂いたことがきっかけです。

成果

研究内容の成果としては先ほどの留学内容と重複しますが、国際誌への投稿や国際学会での発表を行うことができました。その他日本の研究活動を広める、という点では共同研究を行った学生が日本の研究機関に興味を持ち、来年から研究員として就職することがきまりました。

ついた力

のんびり力

生活習慣や文化の違いで驚くことも多いかと思います。怒ってしまったり、悲しくなったりとネガティブな方向に向かってしまうのは簡単です。多少むっとすることや困ったことがあっても、感情を優先させずのんびり解決策を提示することができるようになったと思います。

今後の展望

今後の展望としては、博士課程を修了し留学の目的である博士号を取得することが第一ステップです。その後は今留学で得たネットワークを活用して、海外で研究員の職に就きたいと思っています。

留学スケジュール

2017年
4月~
2018年
3月

オーストラリア(アデレード)

現在の所属大学とFlinders Universityとの共同指導という形で博士号の取得のため1年間の留学を行いました。帰国後、日本の大学院を卒業時にFlinders Universityからも学位を受け取る予定になっています。留学中はSouth Australia Research and Development Instituteとも共同で室内実験を行い、現在の研究内容をより高めることができ、成果は国際誌に投稿することができました。
また、留学期間中は研究者としてのネットワークを広げるため2回の国際学会での発表(ベルギー、アメリカ)を行ったほか、指導教官の教授とイギリス、アメリカでの会議にも出席しました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

オフィスのデスクでいつも見守っていてくれたウォンバットです
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

留学、研究にかかわってくださった方々、現在かかわってくれている方々には感謝してもしきれません。特に感謝を伝えたいのはFlinders Universityの指導教官の教授です。1か月もの時間を割いて、イギリス5都市、アメリカ3都市の会議を組ませていただいたのは本当に感謝しています。多くの方とお会いできたおかげで現在も共同研究などネットワークの幅が非常に広がっています。

会議の合間に観光もさせてもらえました

SIMカードの入れ替えができるようにしておく。

  • 生活 : 携帯

最近はsimロックが解除されているのが通常になってきているのでしょうか?短期にせよ、長期にせよ携帯電話はsimロックが解除されていることが望ましいと思います。現地に行って1か月ー12カ月の格安simカードを差し込めば着いたその日から携帯電話が開通します。
また、他国はわからないですがオーストラリアは州ごとに身分証明書を発行できます。銀行口座などと合わせて発行してしまえば、パスポート代わりの身分証明書になりますので作ってしまうことをお勧めします。

これから留学へ行く人へのメッセージ

1年間の留学を通して多くの人に助けられ、貴重な時間を過ごすことができました。これから留学に行く方たちが素敵なものをたくさん見て、素敵な人に出会って、素晴らしい時間を過ごせると良いな、と思っています。