留学大図鑑

ミサト

出身・在学高校:
宇部工業高等専門学校
出身・在学校:
宇部工業高等専門学校
出身・在学学部学科:
経営情報学科
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

なにかご質問があれば気軽にFacebookでメッセージを送ってください!

島根にインバウンド観光客を呼び込む!

留学テーマ・分野:
フィールドワーク
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 淡江大学
  • 台湾
  • 台北
留学期間:
1ヶ月半
総費用:
450,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 280,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
中国語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 挨拶など基本的な会話ができるレベル

留学内容

島根にインバウンド観光客を呼び込むため台湾で①中国語研修と②フィールドワークを行いました。
①中国語研修
大学の語学学校に通い、中国語を勉強しました。3週間の研修で前半1週間はマンツーマンレッスン、後半2週間はグループレッスンに参加し様々な国籍の人とともに学びました。英語以外の語学を学ぶことがはじめてでそれだけでも刺激的でしたが、日本人以外の人とまったく違う語学を学ぶこともいい経験になりました。
②フィールドワーク
様々な国から観光客を集める観光立国台湾の魅力を探るために訪台外国人に対してアンケートを行いました。台湾の魅力として「人の優しさ」「ご飯のおいしさ」が多く上げられました。また自分の足で台湾の観光地を巡ることで魅力を感じることができました。

留学の動機

中学生の頃から将来は地元島根県を盛り上げるようなことがしたい!と思い高専でビジネスを専攻しています。トビタテの島根枠ができたときにこれだ!と思い、地域人材コースで留学することを決めました。
島根県の訪日外国人観光客数は全国の中で下から数えた方が早いです。食、文化、景色など魅力的な素材はたくさんあるのに集客ができない。そんな問題を解消するために留学しました。

成果

当初思い描いていたような成果は上げられませんでした。しかし、この留学で人として強くなれたと思っています。
1人で海外に行くという経験が初めてで、留学開始直後は精神的に辛かったです。ですが、その状況から抜け出さないと自分がやりたい本当のことができません。解決策を考え実行する経験をしたことで自信につながったと思います。

ついた力

体当たり、伝える力

体当たり力
楽しいこともきついことも真剣に体当たりで向かうことで見える景色が広がると思います。なんでもやってみるという精神はこれからも大切だと思いました。

伝える力
自分の中で考えているだけでは誰にも伝わらないというシンプルなことを痛感させられました。自分の考えを出すのが苦手でしたが、社会に出るためには必要なスキルだと思います。恐れず人に話すことを大切にしたいです。

今後の展望

地元島根県で起業することが夢です。
地方の町では人口減少、少子高齢化が叫ばれ続けています。ですが地方には地方ごとに独特の文化があるのでとても面白いです。日本の地方がおもしろい!ということを多くの人に知ってもらうために、私は自分ができることを広げたいと思っています。

留学スケジュール

2018年
8月?
2018年
10月

台湾(台北)

語学研修とフィールドワークを行いました。
・語学研修
前半1週間はマンツーマンレッスン、後半2週間はグループレッスンを受けました。
英語以外の言語を学ぶことが初めてだったのでとても刺激になりました。また、国籍が違う人とのグループレッスンでは普段何気なく書いている漢字がいかに難しいかを知り、日本語の面白さにも気付くことが出来ました。
・フィールドワーク
台北近辺の有名な観光地を巡りました。お土産屋さんや食事処に入ると気軽に話しかけてくださる台湾の方々に心が温かい気持ちになりました。
また、台湾に訪れる外国人観光客にインタビューも行いました。

費用詳細

学費:納入総額

100,000 円

住居費:月額

250,000 円

生活費:月額

- 円

台湾初日に行った饒河街観光夜市
台湾の歴史的な建物は派手なものが多かったです。
費用詳細

学費:納入総額

100,000 円

住居費:月額

250,000 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

留学中、素敵な出会いが2回ありました。
1人は還暦近くの女性の方、もう1人は日本に留学している学生の方でした。
お2人とも町中で初めてお会いして、日本語が話せるということで意気投合!ご飯をごちそうしてもらったり、お土産選びに付き合ってもらったり、本当にお世話になりました。
現地に友達がほぼいない状態で台湾へ行ったのですが、そんな出会いがあったからこそ留学中に孤独な気持ちが続くことなく、知り合いが近くにいるというモチベーションで勉強に取り組むことができました。

紹介していただいたお茶屋さんで台湾茶の魅力にハマりました。

わからないことは徹底的に調べる!

  • 生活 : お金

キャッシュパスポートを持って留学へ行きました。お金を下ろすためにPINコードを入力しましたが、エラー...。しかもエラーとは言われても英語や中国語でその内容が書かれているためどんな理由でエラーになっているのかがわかりませんでした。どのATMで試してみてもお金が引き下ろされることはなかったため半泣きで居住地に戻りました。
その後調べてみると、そもそも覚えていたPINコードが間違いだったことが判明!実はエラーの表示が出るのは、引き出したい金額を入力した後だったため、お金がその分減ってないかも心配だったのですが、そんなことはなかったので安心しました。スマホでPINコードの写真を撮っておき、それ以降はお金を引き出すことができました。

住居選びを甘く見るな!

  • 住まい探し : 一人暮らし

友人のお母様の知り合いが持つアパートの部屋が空いていたので、当初はそこで過ごす予定でした。しかし、ほとんどの設備が用意されていたためよく言えばなんでもある、悪く言えば人が住んでいた感が半端ないという部屋でした。その環境が私には合わず、泣きながら日本にいる両親に電話し近くのホテルに移りました。寝泊りする環境は本当に大事だと改めて思いました。ほぼ写真を見たり周りの環境を調べることなく決めてしまったので、きちんと確認を取らなければならなかったと後悔しています。
その後は日本の先生にも間に入ってもらい、大家さんや友人のお母様に日本の菓子で菓子折りをお渡ししました。

留学前にやっておけばよかったこと

下調べ。語学も学校も住居も圧倒的に下調べが足りなかったです。
もともとなんとかなる精神で生きているのですが、初めてのことはきちんと知識を入れたり準備をして土台があることで、現地で「なんとかなる」と言えるのだなと思いました。

留学を勧める・勧めない理由

留学することを勧めます!
正直辛いし、日本の方が住み心地がいいです。
ですが、留学でいやだなという環境に身を置くことで自分が成長できたことを感じることが出来ます。自信はこれからのキャリア形成のために必要なものだと考えているので、迷っているなら留学して自分に自信をもてるようになることが大切!

これから留学へ行く人へのメッセージ

日本から出る経験は自分にとって大きな糧になっています。
留学中は何事にも恐れず体当たりでやってみることでその経験が自信につながると思っています。
どんなことにも楽しんでワクワクキラキラした気持ちでいけばなんとかなります!素敵な留学になりますように!