日本代表プログラム 大学生コース

留学計画書の作り方

日本代表プログラムでは、留学計画を自分自身で設計することができます。海外でどのような経験をしたいのか、どのような活動をしたいのか、考えてみましょう。

留学計画の5か条

  • POINT1夢・想い

    大きな夢や留学への想いを、自分のコトバで!

    留学で何をするかは自分次第。留学に行きたいと思った背景、目的、挑戦したいことを自分のコトバで伝えよう。
  • POINT2ゴール/アウトプット

    留学のゴールを明確に!

    留学で何をするかは自分次第。留学に行きたいと思った背景、目的、挑戦したいことを自分のコトバで伝えよう。
  • POINT3活動(実践・挑戦)

    実践活動を盛り込もう!

    座学だけでなく、ゴールに向けてさらなる成長を目指すため、「実践活動(※)」を盛り込もう。
  • POINT4社会への還元

    留学経験をどう還元できるか、考えてみよう!

    トビタテ!留学JAPANの「日本代表」として社会にどんな影響を与えたいのか、どんな形で動かしたいのか、考えてみよう。
  • POINT5実現可能性

    留学計画を実行する意欲と意志!

    留学計画を実現するために必要な準備やスケジュールを調査、検討、熟考しよう。計画が実現しなかった場合の代替案も含めて検討してみよう。

※実践活動とは:応募時点で受入先が未定の場合は「予定の見込み」でも結構です。

留学計画作りの流れ

  • STEP1自分の将来をじっくり考えてみよう

    • 自分が将来やりたいこと、やりたくないこと、好きなこと、苦手なことを改めて考え直してみる
    • 留学をなぜしたいのか、どんなことを学んで経験したいのか、想いや目標をまず自分のコトバで書き出し、明確化する
  • STEP2実現するための情報を集めよう

    • 所属大学等の国際課、留学・ボランティア団体、企業インターンなど、留学計画の「材料」を集める
    • ネットだけではなく直接留学経験者やアドバイザー/コーディネータなどからの具体的なアドバイスを得る
    • 日本代表プログラムへの応募に必要な情報を確認する
  • STEP3留学計画を立ててみよう

    • 留学計画書の項目を確認し、まずは想いを書いてみる
    • 自分の想いを形にするための活動内容を設計してみる
    • 留学先機関への問い合わせや申し込みをする
    • スケジュールや卒業/単位等を考える
  • STEP4自分の将来をじっくり考えてみよう

    • 必ず家族や友人、留学経験者の先輩や社会人などに自分の計画を話し、客観的な意見や質問をもらう
    • 所属機関の留学アドバイザー/コーディネーターに相談する
    • 繰り返し書き直し、より伝わりやすいように工夫する
  • STEP5必要な準備を整えよう

    • 実現の可能性を高めるために、留学先機関などと十分話し合う
    • パスポートやVISA、授業料に係る根拠等の必要書類を考える
    • 必要となる語学力の確認及びそれに対する準備を考える
    • チェックリストをダウンロードし、募集要項に適合した計画であるか最終確認をする

留学計画のオンライン申請

※本制度の支援を受けるにあたっては、募集要項に記載された各種基準を満たすことが要件となります。 詳しくは各在籍大学等の事務にお問い合わせ下さい。

※申請は大学等によって行われます。必ず大学等へ申し出てください。

申請アカウントの登録が
済んでいない方

オンライン申請初めての方 オンライン申請初めての方

申請アカウントを
登録済みの方は

オンライン申請ログイン オンライン申請ログイン
  • ポスター・チラシ etc.広報ツールダウンロード
  • トビタテチャンネル
  • ABOUT TOBITATE!