留学大図鑑

おくけん

出身・在学高校:
山形中央高校
出身・在学校:
秋田大学
出身・在学学部学科:
理工学部数理・電気電子情報学科
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

・大学初のトビタテ生候補の方!同じ経験者として、相談に乗れるかと思います!
・留学に関する質問はFacebookにてメッセージ頂ければ可能な範囲でお答えさせて頂きますが、返信は遅くなることがあります。

経営データ解析で数学と社会の架け橋へ

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Bellevue College International Business Profession Program
  • アメリカ合衆国
  • シアトル
留学期間:
12ヶ月
総費用:
3,200,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,400,000円
  • IBPグローバル奨学金 200,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEFL 540点, TOEIC 790点> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEFL 80点, 557点 >

留学内容

 現地の大学のビジネスプログラムに参加し、レジュメの書き方やアメリカ文化、ビジネスマナーについて学ぶ。それと同時に学部授業の科目として主にデータ分析、コンピュータサイエンスの授業も受講した。
 留学の最後には物企業でインターンし、社内データベース管理を行った。日々のタスクは、データベースの最適化のためのシステムの移行作業であった。
 学外では、ワシントン大学の学生とベルビュー大学の学生合計約20人で、日系企業のデータ分析コンサルティング活動を行った。某パン屋、ラーメン屋、シーフードレストランなどの売上データを解析し、それを基にマーケティング施策提案をを行った。

留学の動機

高校三年生の時に外国人観光客に道案内ができなかったことが悔しくて、大学で英語を学ぶことを決意。大学一年生の時にカナダへの語学留学を経験し、長期で海外の多様な価値観に触れてみたいと思うようになった。一方、大学で学ぶ抽象数学を学びながら、学問と社会との繋がりについて考えるようになる。そんな中、映画を通してデータサイエンスという学問に出会い、これを通して数学と社会の架け橋を作りたいと想い留学を決意した。

成果

所属大学では学業優秀賞 Academic Achievement Award を受賞。GPAも総合で3.8を獲得。物流企業のインターンではデータベース移行を行い、サーバー側のエラーを除き、90%を完了。プロジェクトを通して企業のデータ分析に取り組み、某パン屋、ラーメン屋の売上増加に寄与。更にシーフードレストランとコラボし、プロジェクトマネジャーとして施策を提案し、取り入れて貰った。

ついた力

ポジティブに生きる力

留学は何が起こるか本当にわからない。入国審査で2時間待たされ乗り換えに失敗したり、ホームステイ先で次々にトラブルが発生して4回の引っ越しも経験した。一方、ITの大企業で働く社会人と直接話したり、インターン先の社長と直接話すこともできた。同じ志を持つ仲間もできた。様々な事が起こる中、落ち着いた気持ちで、余裕を持って生活することができるようになり、結果ポジティブに過ごせるようになった。

今後の展望

データ分析の勉強に独学で取り組みつつ、大学で勉強会を主催するなどして、留学を通して学んだ事を還元していきたい。それと同時に、データ分析を使った起業をして、データを根拠に意思決定ができるような社会基盤、そして地方の学生がスキルを活かしてインターン或いはバイトができる環境を作ってみたい。もしくはデータの力を活かして企業や社会の課題を解決するような仕事をしていきたい。

留学スケジュール

2016年
9月?
2017年
8月

アメリカ合衆国(ワシントン州・シアトル)

 最初の9か月間は、現地の大学のビジネスプログラムに参加し、レジュメの書き方やアメリカ文化、ビジネスマナーについて学ぶ必修科目と共に学部授業の科目として主にデータ分析、コンピュータサイエンスの授業を受講し、学業優秀賞 Academic Achievement Award を受賞した。GPAも総合で3.8を獲得。
 最後の3か月は、物流企業でのインターンを行った。データベースの移行業務を行い、サーバー側のエラーを除き、90%を完了。
 また学外では、ワシントン大学の学生とベルビュー大学の学生合計約20人で、日系企業のデータ分析コンサルティング活動を行った。某パン屋、ラーメン屋、シーフードレストランなどの売上データを解析し、それを基にマーケティング施策提案をを行った。特にシーフードレストランにおいてはプロジェクトマネジャーとして活動し、提案した施策を取り入れて貰うなどした。

費用詳細

学費:納入総額

1,400,000 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

60,000 円

Bellevue College 成績優秀者表彰式
物流会社インターンシップの様子(支社視察ツアー)
費用詳細

学費:納入総額

1,400,000 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

60,000 円

スペシャルエピソード

留学前後での、自分の変化

留学を通して自分が日本で学んだことや今まで考えてきたことが受け入れられるという感覚を数多く経験し、自信に繋がった。さらに留学中には思いがけないトラブルや、思いがけない出会い、チャンスが発生し、その中で感情の起伏を安定させる力がついた。自信がつくとともに、心身ともに余裕を持って生活することができるようになり、結果ポジティブに過ごせるようになった事が、留学前後での自分の最大の変化であると思う。

ポジティブな顔

問題が発生したときは、エージェントに直接、そしていち早く報告せよ!

  • 住まい探し : ホームステイ

 留学先でのクオリティ・オブ・ライフの大部分を占めるホームステイ生活。しかし、ホストファミリーのクオリティは千差万別である。私は、ホストファミリーといくつか問題が生じ、結果的に4回ほど住居を移ることとなった。
 私がアドバイスとして言っておきたいことは、エージェントとコミュニケーションいつでもとれる状態にしておクことである。そして、何か問題に気づいたときはエージェントにいち早く報告し、問題の仲介人になってもらうことが大切だ。お金を払ってサービスを受けている以上は、エージェントを有効に利用することは権利であるはずで、経験のあるエージェントに仲介に入ってもらうことによって問題が起こりにくくなることもあるだろう。更に、問題が生じた時にははっきりと状況を伝えることも非常に大切である。エージェント側もホスト側も、私たち滞在者の意思表示がないと中々アクションを起こしてくれることは難しそうである。必要があれば、メール、電話、或いは報告書のような形で、キチンんと意思疎通をすることが大切であると考える。

これから留学へ行く人へのメッセージ

もちろん留学に行くことだけが正解ではありませんが、僕は胸を張って「留学に行って良かった!」と言えます。大前研一さんの有名な言葉に、「人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目は付き合う人を変える。この3つでしか人間は変わらない。」というものがあります。もし迷っているならば、行くべきです!安心して海外へ飛び立って下さい!