留学大図鑑

かほ

出身・在学高校:
宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校
出身・在学校:
宮崎大学
出身・在学学部学科:
地域資源創成学部地域資源創成学科
在籍企業・組織:

地方の食を海外へ+ソーシャルビジネス

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • pistacia.inc
  • フィリピン
  • ダバオ
留学期間:
4ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金なし

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル

留学内容

①宮崎県産商品(トマトソース)のニーズ調査
「宮崎の商品を輸出することで稼げる地域を創り出せる」という仮説検証の第一歩としてニーズ調査を行いました。調査の中では、外部分析、競合調査、ポジショニングマップの作成、街頭アンケート、ホテル・レストランでのヒアリング、対面販売を行いました。

②ソーシャルビジネスのインターンシップ(WEBサイトのライターとして)
ダバオに関するポータルサイトのPV数を2倍にするという目標を掲げインターンを行いました。毎日のニュース記事を更新や、記事の企画と制作を行いました。WEBマーケティングに関しては初めてで分からないことが多く、調べながら分析や対策を行いました。

留学の動機

地域活性化に貢献したいという想いから挑戦しました。私は地域活性化とは稼ぐ地域を創り出すことだと考えています。稼ぐ地域を創り出す手段として輸出が一つの手段と考えました。そこで限界集落の商品が海外で成功する可能性があるのかを調べてきました。

成果

①宮崎県産商品(トマトソース)のニーズ調査
トマトソース生産会社へ、調査過程で出会ったレストランの一つへの輸出提案をおこなったところ提案が通り、現在輸出に向けて準備をしている。

②ソーシャルビジネスのインターンシップ、WEBサイトのライターとして
最終的にPV数を2倍にすることはできませんでしたが、記事の企画制作の過程や、海外の方と同じ職場で働くという経験が私の糧になっています。

ついた力

トビコミ力

留学の間、後悔のないように全てに全力を尽くしました。

今後の展望

地域活性化の方法を模索し、地域活性化を実現できるような道に進みたいと思っています。

留学スケジュール

2018年
9月?
2019年
1月

フィリピン(ダバオ)

平日は、インターン業務としてダバオ中を駆け巡りWEB記事の為の取材をしました。休日は「宮崎の商品を輸出することで稼げる地域を創り出せる」という仮説検証の第一歩としてニーズ調査を行いました。調査の中では、外部分析、競合調査、ポジショニングマップの作成、街頭アンケート、ホテル・レストランでのヒアリング、対面販売を行いました。マニラやセブにも積極的に行き調査しました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

友人のお宅に泊まらせてもらったときの写真
日本文化の発信としてトビタテ生と一緒に屋台を出しました
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

知り合い繋がりで私を受け入れてくれたホームステイ先の家族、つらかったとき私の話を聞いてくれたルームメイト、インターンシップ先の会社の先輩方、面白い世界を見せてくれた上司、一緒に年越しをしたフィリピン家族、セブ市でイベントするために一緒に奮闘したトビタテ生、フィリピンで活躍する日本人に繋いでくださった方など、現地では、およそ200人の方にお世話になりました。
今でも連絡を取り合うかけがえのない存在です。

アイランドホッピングでリフレッシュ

現地にいってみないと分からない

  • 生活 : 治安・安全

留学先のダバオはフィリピンのミンダナオ等に位置し、戒厳令が敷かれていたり、ネット上の情報が少なかったり、周囲からものすごい心配され、留学前は正直不安でした。
そこで事前にインターン先やホームステイ先に連絡を取り、現地の実際の治安状況を教えてもらうなど情報収集に取り組みました。正直到着するまで不安は拭いきれませんでしたが、実際に自分が現地に飛びこむことで、ダバオがフィリピンで一番治安が良い町ということが分かりました。
もちろん身を守る準備は必要ですが、飛びこんだことで様々な経験をすることができたので、現地に自分が行ってみないと分からないなと思っています。

これから留学へ行く人へのメッセージ

もし、あなたが留学を迷っているなら、是非留学に挑戦してみるべきだと思います!
やらずに後悔より、やって後悔。留学で失敗してしまっても、学ぶ事は沢山あります。
そして留学に行くことになったら、何のために留学するのか、何がゴールなのかが明確であればあるほど、最後まで高いモチベーションを維持して留学できると思います!