留学大図鑑

トキオ

出身・在学高校:
済美高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

留学には短期長期合わせて3回行っているので、留学に対する悩みなどがあれば気軽に相談して下さい!
映像作家やラッパーとしても活動しているので、興味のある方はコンタクトお願いします!

映像力で世界中をワクワクさせる!

留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・専門留学(スポーツ、芸術、調理、技術等)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ニューヨークフィルムアカデミー
  • アメリカ合衆国
  • ロサンゼルス
留学期間:
3週間
総費用:
950,000円 ・ 奨学金なし

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<英検準1級> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<英検準1級>

留学内容

今回の留学はアメリカのロサンゼルスで3週間ほど⾏われました。映像学校のサマーキャンプに参加し、映像に関する基礎知識を学び、平⽇は朝9:00〜⼣⽅の5:00 まで、Directing, Screen writing, Camera, Editing, Acting, lighting についての講義を受け、 ⾦曜⽇にはUniversal Studio of Los Angels の撮影セットを使って実際に撮影を⾏いました。週末は、キャンプ参加⽣と共にユニバーサルスタジオやハリウッドなどの観光名所に遠⾜。宿泊場所は学校の近くにあるアパートで、同じキャンプに参加している留学⽣たちと昼夜をともにしました。

留学の動機

僕は映像を「人々を幸せにするツール」と して戦略的に使って、世界を相手に仕事ができる映像クリエイターになりたいと思っています。そのためにハリウッドへの映像留学を通して、「確かな映像技術得る」ということと、「海外の未来の映像クリエイターたちとのコネクションを作る」という目標をたてたのがきっかけです。

成果

僕が留学前に設定していた「確かな映像技術得る」ということと、「海外の未来の映像クリエイターたちとのコネクションを作る」という目標の達成度は90%ぐらいだと思います。
その理由としては、実践的な授業をとおして、留学中に2つの映像作品を完成させたこと、また、将来映像クリエイターを⽬指す19⼈の若者たちとコネクションを作ることができたからです。

ついた力

上手にお願い力

リーダーシップのあり⽅についてもう⼀度考え直すことができたという点で成長しました。以前、僕は、リーダーシップのある⼈とは、⼈々を引っ張っていく⼈たちのことをいうと思っていました。しかし今回の留学で実際にDirector をすることで、本当のリーダーシップのある⼈とは仲間にうまく仕事を任せられる⼈だということがわかりました。

今後の展望

今後は学んだ映像技術を活かしたミュージックビデオなどを作り、表現者たちの創作活動に貢献したい。今回の留学は短期であったため、もう一度長期で映像留学をし、もっと確かな映像技術を身に着けたい。
大学で様々な専門分野に触れることで、自分の映像と他の学問を融合させた、「人をその気にさせる映像」を作りたい。

留学スケジュール

2017年
8月?
2017年
8月

アメリカ合衆国(ロサンゼルス)

ロサンゼルスで将来映像作家を目指す19人のdirectorたちと共に3週間映像に関する授業を受け、2本の短編映像を作った。そのメンバーたちとは同じアパートで昼夜をともにし、毎晩映画について語り合ったり、映画鑑賞をしたりしていた。映像技術や英語力はもちろんのこと、初めて監督という立場でグループを動かしながらの映像制作を経験したため、リーダーシップとは何かと考え直すきっかけとなった。

費用詳細

学費:納入総額

730,000 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

30,000 円

項目:飛行機代

160,000 円

ルームメイトとの一枚
費用詳細

学費:納入総額

730,000 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

30,000 円

項目:飛行機代

160,000 円

スペシャルエピソード

笑いあり、涙あり!留学中にあった、すごいエピソード

最終日には本当にみんなが仲良くなってた。バスの中でトキオコールが起こったときは嬉しくてとてもいい気分だった。

ルームメイトとの一枚

留学前に一番磨くべきは言語

  • 語学力 : 英語

留学をする際には是⾮、できるだけ英語⼒をアップしてから挑戦して欲しい。トビタテ⽣たちには外国⼈たちに負けない、⾼い志と能⼒を持っている。でも、それを表現するための英語⼒がなければ、留学先で実⼒を認められないことがあるから。海外にいったら英語⼒が上がるだろうという考えではなく、留学前に出来る限り英語⼒をあげる努⼒をしてほしい。特に磨いておくべきなのは文法だと思う。リスニング力や発音などは留学してからできるようになっていくが、逆に文法などは疎かになってくる。出発までに文法を磨いておくことで、実際にそれを留学先で使った際にしっかりと自分のものとして身につき、なおかつ自信を持ってプレゼンや発表をすることができる。

これから留学へ行く人へのメッセージ

いちばん大切なのは楽しむことだと思います!
努力や苦労よりも夢中になって楽しむことで本当に自分の力が発揮されると思います!
頑張らないように頑張ってきて下さい!