留学大図鑑

岡村朋哉

出身・在学高校:
高知追手前高等学校
出身・在学校:
愛媛大学
出身・在学学部学科:
法文学部
在籍企業・組織:

最終更新日:2017年10月23日

米国で学ぶ安全保障

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • University of California, Irvine カリフォルニア大学アーバイン校 International Program
  • アメリカ合衆国
  • アーバイン
留学期間:
10か月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,200,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

カリフォルニア大学アーバイン校にて国際関係学、紛争解決学、国際機関、安全保障などについて学んだ。クラブ活動として所属していた模擬国連では、過去の議題に基づいて実際の国連会議を疑似体験するなど、国連においてどのように意思決定が行われているかを体験し、外交の基本的な部分を理解することができた。

留学の動機

いずれ日本を出てグローバルに働きたいと考えていたため、まずは語学力を高めたかった。また、もともと関心のあった国際機関や日米関係、安全保障について学ぶために渡米を決意した。

成果

・日本人としてのアイデンティティがより強固になり、日本の素晴らしさを再発見できた
・異なる文化を持つ人々と関わり合うことに対し抵抗が少なくなった

ついた力

認める力

異なる文化を持つ人や異なる意見に対し寛容になり認めることができるようになった。

今後の展望

民間で数年は働く。その後は未定。

留学スケジュール

2016年
9月~
2017年
6月

アメリカ合衆国(アーバイン)

上記に同じ

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

大学の写真
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

笑いあり、涙あり!留学中にあった、すごいエピソード

留学開始から3か月住んだホームステイ先のホストマザーと数回にわたり口論になり、ステイ後半すごく気まずかった。

マザーとの写真はないので自分の部屋の写真

友達作り(解決法ではなく反省)

  • 周囲の説得 : 恋人・友人

日本語学科の学生や日本文化に関心のある人々が集まるコミュニティなどをもっと上手く利用すればよかったと思う。何かしらのクラブ(スポーツは言葉の壁や価値観を超えてつながることができる)に所属することもおすすめ。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学に限らず、何かに挑戦する際はまず目的意識を持つようにするといいと思います。何を行い、何を得たいのか。目標や目的を設定し、それをぜひ文字にして残してみてください。そうすれば、大概のことはやらされているのではないことに気づくと思います。また、なんとなく行く留学と明確な目的意識を持った留学では得られるものも大きく変わってきます。ぜひ自分にしか出せない価値を留学を通して見つけてきてください。