留学大図鑑

エマ

出身・在学高校:
江戸川女子高等学校
出身・在学校:
津田塾大学
出身・在学学部学科:
総合政策学校
在籍企業・組織:
エンターテイメント

最終更新日:2021年10月07日

聖地巡礼✖️ムスリムで地方活性化!

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Sunway大学
  • マレーシア
  • セランゴール
留学期間:
12ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,110,000円
  • 留学機関独自のもの 115,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

イスラム教徒に優しい観光業=ハラル観光を探求&東南アジアにおける日本のポップカルチャーの広がりを探究するため、マレーシアに留学した。マレーシアにある、サンウェイ大学で宗教学とマレー学を学ぶとともに、現地で年に一度開催されているアニメイベントの運営会社とマレーシアの観光会社でインターンシップを行なった。アニメイベントの運営ではイベント開催のための資金集めの「営業部」と企業とのコラボレーション企画を考える「企画部」として活動した。また、観光会社のインターンシップは新型コロナウイルスの影響で本来の形ではできなかったが、オンラインで活動を行った。

留学の動機

小学校の頃にムスリムの友達がいたことが最初にハラルについて興味を持ったきっかけ。その後、高校生の頃に東南アジアに留学をし、成長と発展の激しい環境に魅力を感じたため。

成果

大学の勉強では、履修した授業の単位を全て取得した。アニメイベントの運営では、グループメンバーと意見を出し合い、おみくじとアニメを掛け合わせた企画を実行することができた。また、旅行会社のインターンシップでは、日本人向けに、オンラインツアーを実施し、100人以上を集客した。

ついた力

行動力

留学では、留学先では知り合いが一人もいなかったため、自分が行動しないと人との交友関係も、インターン先も見つけることができなかった。そのため、受け身ではなく、能動的に様々なことに興味を持ちながら動く力を身につけることができた。また、行動することに対してハードルが下がり、0→1を続けていこうと考えられるようになった。

今後の展望

旅行という分野ではないものの、エンターテイメント業界で働き、日本のポップカルチャー仕事としても海外に広めていく。また、留学で学んだ、ムスリムについての知識を活用して、身の周りのムスリムの生活、観光を手助けする。

留学スケジュール

2019年
8月~
2020年
3月

マレーシア(セランゴール)

Sunway大学に所属し、広告学やメディア学などのビジネス系の授業を履修するとともに、宗教学やマレー学を履修し、宗教と多文化共生について学んだ。(新型コロナウイルスの影響で、3月中旬からはオンラインに移行)

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

マレーシアで有名なモスク
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2020年
2月~
2020年
8月

マレーシア(セランゴール)

マレーシアで年に一度開催されているアニメ・ゲーム・漫画を元にしたイベント「AniManGaki」の運営として活動していた。営業部と企画部として動き、資金を集めるために現地の企業への営業を行うとともに、グループメンバーとイベントの企画立案をした。(新型コロナウイルスの影響で、3月中旬からはオンラインに移行)

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

イベントの広告の写真
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2020年
6月~
2020年
8月

マレーシア(クアラルンプール(予定))

現地旅行代理店でインターンシップを行った。当初は、マレーシア人に日本旅行を販売するアウトバウンドチームに所属し、ツアー作成や営業を行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で業務が変化し、インバウンドチームに所属することになった。インバウンドチームでは日本人向けに、マレーシア観光について紹介するオンラインツアーを企画・開催し、計100人以上を集客した。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

実施したオンラインツアー
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

現地で出会ったマレーシア人・インドネシア人・中国人・ベトナム人の友達には本当にお世話になった。特に、オリエンテーションで出会い、友達になったマレーシア人の友達は、授業や生活の中で困ったりしたら私を助けてくれ、自分が授業についていけず落ち込んでいた時もとても励ましてくれた。また、その子やインドネシア人、ベトナム人の友達の家にホームステイしながら旅行をし、現地文化を体験することができた。

お世話になったマレーシア人の友達とその子の故郷で

自分が何を学びたいかを再考する

  • 費用 : 費用準備

私は留学をしっかりと考える前は、なんとなく留学先にアメリカやイギリスを考えていた。しかし、費用が高く、留学断念か借金を考えた。しかし、自分は留学を通して「何を学習し、何を得たいのか」を追求したところ、アメリカやイギリスなどではなく、東南アジアに行きたいと気がつき、生活費なども安く済ませることができた。そのため、留学を通し、「何を得たいか」を考え、国やステイ先を考えることが重要だと思う。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学に行くことは時間や費用がかかり悩むこともあると思いますが、私は留学に行ったことで、そういった以上のことを学ぶことができました!自分が何をしたいのか、何を達成したいのかしっかりと考え、留学計画を考えていくことが大切だと思います。でも、一番大切なのはとにかく楽しむこと!!