留学大図鑑

ともってぃー

出身・在学高校:
愛知県立旭野高等学校
出身・在学校:
法政大学
出身・在学学部学科:
経済学部国際経済学科
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

DJやEDM、ドイツ(ベルリン、ハイデルベルク)留学には詳しいと思うので、興味があればTwitterからぜひご連絡ください。留学を後押しできるような情報を共有したいと思います。

最終更新日:2021年04月09日

和風ダンスミュージックで世界を盛り上げる

留学テーマ・分野:
専門留学(スポーツ、芸術、調理、技術等)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • F+U Academy of Languages,Djアカデミーベルリン
  • ドイツ
  • ベルリン・ハイデルベルク
留学期間:
7か月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,320,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

 私は、EDM(ダンスミュージック)の人気が世界で最も高いドイツで、7か月間のDJ留学を行いました。この留学の目的は、ドイツでDJ活動を行うことで、自分が作っている和風EDMを世界に広めることです。留学先では、まず語学学校に通い、英語とドイツ語の、語学力を向上させました。その後、現地の音楽学校にて、最新のDJスキルと音楽制作スキルを身に着けました。また、音楽学校やSNSを用いて知り合った、現地のアーティストと協力して音楽制作を行いました。

留学の動機

私は、DJとして活動していた頃、日本では、DJに対するイメージが悪いことを体感しました。しかし、海外では、DJはヒーローと呼ばれるほど人気が高いことを知り、DjやEDMに対する海外の熱狂を体感したいという気持ちから留学を決意しました。

成果

 DJとして成長できた事と、海外でDJが人気である要因が分かった事が成果です。特に、DJとしては現地のお店から仕事のオファーを頂き、自分の制作した楽曲を流すことができました。また、海外のアーティストと協力して作った楽曲が、海外の音楽投稿サイトで、1000位中50位にランクインし、高い評価を得ることができました。

ついた力

逆境をポジティブに捉える力

世界のコロナ流行に伴い、現地ではアジア人は差別がひどくなりました。そのため、今まで出入りしていたナイトクラブに、アジア人は入れなくなり、DJとしての活動が絶望的になりました。しかし、その状況をポジティブ捉え、アジア人専用のクラブを探し、連絡を取ることで、DJとしての活動を継続することができました。どんな辛い状況でもチャンスを見つける精神を学びました。

今後の展望

 今後は、DJとして国内外の人に楽しみをお届けできるよう、DJ活動を継続していきます。また、SNSやイベント開催を通じて、日本の人々がDJやクラブを安心して楽しめる機会を創出して、DJに対する日本のイメージの改善を行っていきたいと思います。

留学スケジュール

2019年
9月~
2019年
12月

ドイツ(ハイデルベルク)

ハイデルベルク語学学校(F+U Academy of Languages)で、英語とドイツ語の学習をしました。中東やアメリカ、南米など世界各国から生徒が来ていたため、色んな国の友達ができ、様々な国の話を聞くことができました。また、国によって英語の発音が異なるので、さまざまな英語の発音を学ぶことができました。
 ハイデルベルクでは、語学学校の寮に住んでいました。1人1人個室がありますが、キッチンやトイレなどは共有していました。授業後は、語学学校でできた友達と共に、寮で夕食を食べながら、英会話を練習していました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

90,000 円

生活費:月額

30,000 円

授業後みんなで喫茶店!
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

90,000 円

生活費:月額

30,000 円

2019年
12月~
2020年
3月

ドイツ(ベルリン)

ベルリンの音楽学校(Djアカデミーベルリン)にて、DJレッスンを4か月間受けました。英語で分かりやすくレッスンして頂けたため、ドイツ語が不慣れでも十分学習することができました。個別レッスンであるため、授業の日程は、自分で決めることができました。また、他の生徒とも交流する機会もあり、人脈を広げることができました。さらに、自分が制作した楽曲について、先生からアドバイスを頂き、音楽を制作するスキルも学習できました。
この学校には、寮がないため自分で部屋を探す必要がありました。当時、ベルリンでは部屋を見つけるのはとても困難な事でしたが、語学学校で出会った日本人の友達に協力してもらうことで、部屋を見つけることができました。海外の友達だけではなく、日本人の友達も留学先で作る事の大切さを、実感しました。

費用詳細

学費:納入総額

600,000 円

住居費:月額

100,000 円

生活費:月額

30,000 円

Djレッスン!
費用詳細

学費:納入総額

600,000 円

住居費:月額

100,000 円

生活費:月額

30,000 円

スペシャルエピソード

この国のことが、とても好きになった瞬間

 ハイデルベルクの語学学校に通っていた頃、その学校の先生達が、生徒を引き連れてナイトクラブに行っていた事に驚きました。クラブに入った後は、先生方から踊り方について教えて頂けきながら、音楽を楽しみました。ドイツでは、ナイトクラブは社会的にも認めらており、交流の場として栄えていることを知り、ドイツがもっと好きになりました。

みんなでナイトクラブ!

友達と常備薬は、命を救う。

  • 生活 : 病院

 12月ごろ、留学先で風邪を引き、40度の熱が出ました。何日休んでも、熱が40度から下がることがなく、病院に行っても症状が分からず薬を頂けませんでした。しかし、同じ寮の友達が私を看病をしてくれ、日本から持ってきた常備薬を飲み続けることにより、2週間後ようやく熱が下がり始めました。常備薬を必ず持っていくことと、友達の大切さを痛感させられました。特に海外の薬は、日本人には合わないことがあるので、しっかり自分に合った薬を持って行ってください!

留学を勧める・勧めない理由

 海外でしか体験できないことはたくさんあるので、少しでも興味があればぜひチャレンジしてほしいと思います。海外では辛い経験はもちろんすると思いますが、留学後はその辛い経験が、自分の1番大切な学びに繋がります。なので、留学をお勧めします!

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学経験は、自分の大きな財産になります。どんなことでも良いので、海外に興味があれば一歩踏み出してみてください。