留学大図鑑

DAIKI

出身・在学高校:
東京都立日比谷高校
出身・在学校:
早稲田大学
出身・在学学部学科:
教育学部教育学科教育工学ゼミ
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

・留学、海外インターンシップなどのご相談に乗れると思います!なお、返信は遅くなることがあります。

最終更新日:2021年03月23日

全米1住みたい街ポートランドで交換留学!

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Portland State University,Business Administration
  • アメリカ合衆国
  • ポートランド
留学期間:
6ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,210,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<TOEIC800点程度> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEIC925>

留学内容

「専門性の拡張・英語力の強化」を目的に留学しました。留学の内容としては、ビジネス学部で現地の大学生と共に学び単位を取得しながら、州の機関で「まちづくり」企画を海外の学生に向けてオンラインツールで販促するインターンシップに従事しました。授業では、ビジネス概論から、マーケティング特論、広告論、法人営業論はもちろん、国際関係論やまちづくりに関連する授業も受講しました。インターンシップでは、さまざまな人に出会い、SNSマーケティングから、海外から来るツアー参加者のガイドまで多様な経験をさせていただきました。

留学の動機

海外インターンシップ事業法人AIESECで活動したことから、将来的には日本での専攻である教育分野を超えて幅広いビジネスを構築できる人間になりたいと考えました。そこで、ビジネスを学びながら世界言語である英語を強化することを思い立ち、留学を決意しました。元々、中学2年時に東京都のプログラムでカルフォルニアにホームステイをしていたこともあり、また海外には挑戦したいとの思いもありました。

成果

取得予定単位を全て獲得し、海外インターンシップにも予定通り取り組むことができました。また、留学前に予想していた以上に、ポートランドが素晴らしい街でした。ストリートカーで移動でき交通の便がよく、クラフトコーヒーやクラフトビールがとっても好きになりました。

ついた力

度胸力

海外の地に飛び込み、物おじせず活躍する勇気を得ることができました。英語力はもちろんですが、多少自分の予想から外れたことが起きてもビビらず対応していく力がついたと思います。旅の恥はかき捨て、と言いますが、人に迷惑をかけず「良き目的」があれば留学の恥も、人生の恥もかき捨てであると学びました。

今後の展望

「海外を交えた挑戦・協働を通じて、日本の人々の暮らしを支える仕組みをつくりたい」これが今の夢です。少子高齢化なども伴い、これから日本はますます厳しい時代を迎えると思います。そんな中で、まずは自立するのはもちろんですが社会の為に生きるぞ!、といった公的精神を忘れない人間でありたいと思います。

留学スケジュール

2019年
9月~
2020年
3月

アメリカ合衆国(ポートランド)

「専門性の拡張・英語力の強化」を目的に留学しました。留学の内容としては、ビジネス学部で現地の大学生と共に学び単位を取得しながら、州の機関で「まちづくり」企画を海外の学生に向けてオンラインツールで販促するインターンシップに従事しました。授業では、ビジネス概論から、マーケティング特論、広告論、法人営業論はもちろん、国際関係論やまちづくりに関連する授業も受講しました。インターンシップでは、さまざまな人に出会い、海外から来るツアー参加者のガイドをしたりとたくさんの経験をさせていただきました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

90,000 円

生活費:月額

40,000 円

キャンパス 敷地内にストリートカーが通っていました!
現地で有名なコーヒー
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

90,000 円

生活費:月額

40,000 円

スペシャルエピソード

笑いあり、涙あり!留学中にあった、すごいエピソード

交換留学中の挫折についてです。留学中の授業では苦労したものもありました。特に困難を感じたのは「法人営業論」の授業です。営業の基本を学んだ後、企業の営業マンになり、提案書を作成して模擬営業を繰り返す内容でした。私は、トヨタの営業マンとしてJPNTAXIを現地のタクシー会社に提案するよう設定しました。受講当初は、私の提案の構成・英語での伝え方の理解不足によりクラスからの評価は低いものでした。日本で営業活動をして築いた小さなプライドは挫けさりました。その挫折以降、毎晩日本・米国双方の営業ロープレの動画を寮で見たり、クラスメイトに個人的に練習を頼んだりと努力をしたことはいい思い出です。結果、回を経るごとに技能が上達し最終的には優秀な成績をとることが出来ました。自らのプライドを捨てて環境に適応し努力する大切さを学ぶことが出来ました。

授業内で作成した模擬提案の資料の表紙

中学時代にホームステイをした際の友人との再会

冬休み期間に、中学時代にホームステイをしていたサンフランシスコの友人の家に訪れました。約9年ぶりの再会に胸が踊ったことを覚えています。彼はちょうど就職活動中で、「将来どんなふうに生きたいか」などを共に語りました。また、私が中学時代にはまだまだ日本製品を使うアメリカ人が多かった一方で再び訪れた今回はかなり状況が変わりつつあることも話しました。自分が日本人であること、国境を越えても友情は変わらず尊いものであることを再確認した時間でした。

中学時代のホストフレンドとの再会

シンプルに楽しかったこと

オレゴンで有名なマウントフッドという山でスキーをしました。どうやらスキーヤーには有名な山らしく世界中から人が訪れるそうです。同じトビタテの先輩と一緒に楽しく滑りました。ただ、プロ向けのコースに間違って入ってしまいコケすぎてアザが出来てしまいました笑 今ではいい思い出です。

トビタテの先輩と、アメリカでの友達

ゴリゴリ寮で勉強

  • 語学力 : 英語

英語は予想以上に苦戦しました。授業の英語は早すぎて(そりゃそうだって感じですが)、初めは聞き取るのに苦労していました。TOEFLの基準を取っていったにも関わらずこの有様か、、と最初は心が折れかけましたが毎日寮でTEDを聞いたり、予習を人一倍丁寧にこなすことを試みた結果自然と追いつけるようになっていきました。

留学前にやっておけばよかったこと

もっともっと英語をやっておけばよかったと思います。留学にいったら伸びるだろう、と私は思っていましたが正直、留学に行って思ったよりやばいということに気づいて自力で勉強したりコミニケーションを意図的に取った結果のびた、という形でした。これから留学に行く方は英語を極めるレベルで勉強してから出発して欲しいなと思います。きっとより言語以外のことに時間を使えます!

留学を勧める・勧めない理由

絶対におすすめです!自分の殻を破ってわかりやすく「挫折」できる機会を若いうちにしておくことはきっとその後の人生においても糧となるはずです!ぜひ挑戦してみてください!

これから留学へ行く人へのメッセージ

応援しています。自分で腹を決めて計画を立て、海外に挑戦することはきっと怖いはず。それでも一歩踏み込んだら今の自分とはきっと違う自分になれます。英語やGPAなど、留学に向けて取り組むことは多いですが、周りのアドバイスを貰いつつ楽観的に頑張ってくださいね!