留学大図鑑

髙橋 正憲

出身・在学高校:
広島県立神辺旭高等学校
出身・在学校:
岡山大学大学院
出身・在学学部学科:
環境生命科学研究科生命環境学専攻
在籍企業・組織:
ソフトバンク株式会社(21年度入社予定)

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

日本人のいないインド系のスタートアップに飛び込みデータサイエンティストとしてインターンシップをしました。統計関連や海外インターンについては相談にのれるので悩んでいる人は気軽に連絡してください!

最終更新日:2021年01月08日

データ分析でインドの社会課題解決へ

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • AQI INDIA
  • インド
  • デリー
留学期間:
6ヶ月
総費用:
600,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 940,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<TOEIC710点> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

日本人のいないインド系のスタートアップでデータサイエンティストとしてインターンを行う。インターン先はAQI INDIAというインドの大気汚染問題に取り組んでいる企業である。インド全土のAQIのデータは保持していたが、データサイエンティストがおらず、データを活用できていないことが企業の課題であった。インターンシップでは、企業の課題をデータサイエンスを使ってどう解決するかを考えるところから始め、モデルの作成を行い、最後はアプリケーションへの実装を行った。

留学の動機

学部4年次に1年間、高齢者見守りシステムを開発するインターンシップにデータサイエンティストとして参画していた。ただデータ分析をするのではなく、高齢化という日本の問題に取り組むことに大きなやりがいを感じていた。この経験から将来は世界の問題を解決できるデータサイエンティストになりたいと思い、インドのスタートアップでのインターンシップに挑戦することを決意した。

成果

インターン先企業では、当初はAQIの値をリアルタイムで可視化するアプリケーションを提供していたが、僕が作成した機械学習モデルを使うことで将来のAQIの値を予測することができるようになった。

ついた力

厳しい環境でもがく力

インターン先には日本人がおらず、データサイエンティストもいない環境であったため誰かに頼ることはできない環境であった。それだけでなくインドの食や衛生面にも慣れず多くの困難があった。インターン中は何度も心が折れそうになったが、厳しい環境の中でも必死に自分ができることを少しずつ積み重ねることで、結果的には目に見える成果を残すことができたと思う。

今後の展望

今後は社会課題に対してデータを持って解決できるデータサイエンティストになりたい。

留学スケジュール

2019年
9月~
2020年
3月

インド(デリー)

デリーの郊外であるRohiniを拠点としてインターンシップをした。勉強会に積極的に参加し、企業やITを学ぶ学生とのコミュニティ作りに取り組んだ。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

50,000 円

生活費:月額

50,000 円

会社から支給される昼食のカレー
勉強会 in American Express
キャメルサファリ in ジャイサルメール
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

50,000 円

生活費:月額

50,000 円

スペシャルエピソード

留学前後での、自分の変化

データサイエンスとして働くことや、インドのスタートアップの人たちとコネクションを作りその仕組みを学ぶことが目的であったが、留学期間中に最も考えらされたことは貧困の問題であった。
特に都市部ではお店の周りで風船や花を売る子供たちと多く出会った。お金を渡してもそのお金が子供たちによって使われるかわからないことや、お金を渡しても本質的な問題の解決に繋がらないことから自分が彼らのために何かできることはないのかを毎日考えていた。今でも何が正解かは見つけられていないが、この問題については引き続き向き合っていきたいと思う。

子供たちに靴を磨いてもらった時の一枚

ココでしか得られなかった、貴重な学び

勉強会でのインド人エンジニア学生との出会いは今でもモチベーションとなっている。インドではカーストの影響や給与水準の高さからエンジニアは人気の職種となっている。そのため、彼らは必死に勉強し、積極的に勉強会に参加していた。また、有名企業のエンジニアとコネクションを作るためにLinkedinの連絡先を交換し、Linlkedinでは勉強会や自分で勉強したことのアウトプットをしていた。今でも彼らとは連絡をとっており、学んだことを共有しながら互いに良い影響を与え合っていると思う。

インターン先を見つけるためには、やれることは全部やる

  • 留学先探し : インターンシップ

以下はインドでインターンシップをするために僕が行ったことです。
[1]海外インターン仲介業者を利用する
[2]Twitterで検索
[3]企業に直接メールを送る
[4]Twitterで現地にいる日本人にDMを送り、アドバイスを受ける
[5]Facebookのコミュニティを活用する

最終的にインターンシップを見つけることができたのは「[5]Facebookのコミュニティを活用する」です。
Facebookのコミュニティに「Bangalore startup connect」や「Delhi Startups」というものがあります。ここに自分の経験やインターンをしたい趣旨を投稿すると合計40の企業の方から声をかけてもらい、結果インターンシップ先を見つけることができました。

インターンシップの選考方法としては、電話面談やスキルシートの提出、データサイエンスに関わる課題を提示する企業など様々でした。

インドでインターンシップをしてみて感じたのですが、インドは電話文化があると思います。メールはあまり返事が返ってこないですが、電話をすると対応してくれることが多いので、インターンシップを探す時にも電話でやりとりをするとスムーズに交渉が進むかもしれません。

給与・手当ての交渉をする

  • 留学先探し : インターンシップ

海外でインターンシップ先を行う場合は無給であることが多いですが、給与交渉や手当ての交渉は積極的に行うべきだと思います。また、最初は無給でも最終的な成果物ができた後に報酬を求めることも可能です。

僕の場合は、当初は昼食のみの支給でしたが、交渉の結果、衛生的環境が保たれたホテルと毎日の昼食を提供してもらうことに成功しました。

日常会話で使えるヒンディー語を覚えておくと良い

  • 語学力 : その他の言語

インドの準公用語は英語であるため英語が通じると思っていましたが、郊外では通じないことが多く都市部でもタクシーやリキシャーの運転手には通じないことがありました。また、インターン先でも英語が話せない人が半分いて、社内の会話はヒンディー語で行われていました。そこで簡単なヒンディー語が話せると現地の方々とコミュニケーションが取りやすく簡単に打ち解けることができたため、インドに留学する人はヒンディー語の練習もしておくと良いと思います。

留学前にやっておけばよかったこと

日本でできることは日本で準備しておくこと。
専門的なスキルや英語力はどれだけあっても損はないと思います。

これから留学へ行く人へのメッセージ

少しでも留学をしたいという思いがあれば是非挑戦してみることをおすすめします。一歩踏み出すには勇気が必要ですが、留学で得られるものは大きいです。インドやデータサイエンスに関わることであれば相談にのれるので気軽に連絡をしてください!