留学大図鑑

しそ

出身・在学高校:
秋田高校
出身・在学校:
東北大学大学院
出身・在学学部学科:
都市・建築学専攻
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

最終更新日:2020年12月23日

ベトナム・建築留学

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • NHISHIZAWA ARCHITECTS
  • インドネシア・ベトナム
留学期間:
201904-202008
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,590,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

ベトナム・ホーチミンでレストラン・住宅などを設計する事務所に1年半インターンをしていました。

留学の動機

幼少期(3年間)のインドネシアでの経験から、インドネシアで事務所を作ることを将来的な目標に持っています。その中で日本の大学での学び、スウェーデンに留学したときの文化の違和感、ケニアに滞在した時のアフリカとアジアの類似点など様々な紆余曲折を経験し、一度アジアで働きたいという思いが強くなりました。

成果

アジアの建築市場は日本や他国と比べて本当に豊かで、自分の実力次第で仕事を取れる環境に魅力を感じました。一方で施工技術の低さなどからデザインの要件がかなりの制限を受けることなどを知り、一度設計のプロセスを学び一人前となってから戻ってきたいという目標ができました。

ついた力

本質を見抜く力

スウェーデンの留学時から西洋的の合理主義的な考え方や結果重視の方法論に違和感を持っていました。一方で、同じくインターンをしていたスイスの学生との作業を見ていると、本質とは何か、そしてそれを徹底することなど、西洋の中にも様々な思想があることを知り、特にスイスの考え方にものをつくる強さを発見できたことが一番の学びでした。

今後の展望

インドネシアでの独立を中長期的な目標と捉え、もう一度ヨーロッパへの留学をチャレンジしたいと考えています。

留学スケジュール

2019年
4月~
2020年
8月

インドネシア・ベトナム(ホーチミン)

ベトナム・ホーチミンでレストラン・住宅などを設計する事務所に1年半インターンをしていました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ある日のお昼の様子@クライアントのお宅にて(弊社設計)
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

この国のことが、とても好きになった瞬間

日常に現れるものの使い方に愛らしさを感じました。

日常の営み@ハウスオーナーのキッチン裏
目の前のコーヒーショップの引っ越し途中の様子

コロナ禍のの葛藤

  • 生活 : 治安・安全

帰国予定時期がコロナのパンデミックと被ってしまったため、何が最善の行動なのか戸惑いの多い日々を過ごしていました。

これから留学へ行く人へのメッセージ

行きたいと思ったら行くしかない!
この留学のこと、スウェーデンでの留学のこと(チャルマース工科大学→ケニア)、興味ある人はぜひ連絡ください!