留学大図鑑

日奈久温泉

出身・在学高校:
八代農業高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

熱帯果樹栽培と観光を学ぶため

留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・専門留学(スポーツ、芸術、調理、技術等)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • パヤオ農業学校
  • タイ
  • パヤオ
留学期間:
3週間
総費用:
150,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 150,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<英検準2級> 挨拶など基本的な会話ができるレベル<英検準2級>

留学内容

留学報告書
留学日程:12月末~1月初め 18日間(滞在日数16日間)

1日目:現地到着日(日本からタイへ移動)

2日目~3日目:活動開始日(1~2)
活動内容:農業研修・インタビュー

4日目:活動日(3)
活動内容:現地の観光地を回って街並みや工夫されているところについて調べる。

5日目~9日目:活動日(4~8)
活動内容:農業研修・インタビュー

10日目~11日目:活動日(9~10)
活動内容:現地の観光地を回って街並みや工夫されているところについて調べる。

12日目~15日目:活動日(11~14)
活動内容:農業研修・インタビュー

16日目~17日目:活動終了日(15~16)
活動内容:現地の観光地を回って街並みや工夫されているところについて調べる。

18日目:現地出発日(タイから日本へ移動)

留学の動機

私は将来、地元日奈久を農業の視点から活性化させたいと強く思っている。
日奈久温泉の地熱を活用して熱帯果樹の栽培ができないかと考え、そのために必要な栽培知識や環境、販売方法を学ぶために
熱帯果樹の本場、タイに短期留学をしました。

成果

 まず、私は現地で農家の方にインタビューを実施した。「農家の方々がどのような想いで農業をされているのか、農業が持つ将来性について、農業をしているうえで苦労すること、魅力」など直接インタビューを行い、日本との比較をした。インタビューの様子は写真に収め、レポートにまとめ、校内報告会などで活用した。
 また、お世話になった学校で実際に南国フルーツの栽培方法を学んだ。
 

ついた力

一歩踏み出す勇気力

以前は一人で留学して、大丈夫なのかと心配だったが、今回の留学を通して一人でも日本を飛び出せることを実感した

今後の展望

大学に進学して、熱帯果樹栽培を深く学び、ゆくゆくは地元で観光農園を開く。

留学スケジュール

2019年
12月?
2020年
1月

タイ(パヤオ)

パヤオにある農業学校で熱帯果樹について学んだ。
また、学生たちと交流し、農家を回りインタビューもした。
留学の後半は観光地を回り、参考になる点を探した。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

タイで学んだこととであった人々
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学中にやってしまった、私の失敗談

タイでお世話になった先生方と焼き肉の食べ放題にいった後、生焼けだったのか3日間も寝込んでしまった。
薬も買ってもらい、なんとか回。復腹痛が治ったあとはタイでできた友人とサイクリングへ。
皆さんも水だけでなく肉や魚にもお気を付けて。

腹痛あけのサイクリング

しっかりと相談、協力してくれる見方を作ろう

  • 周囲の説得 : 先生

まず、両親の了解を得たうえで、必ず担当の先生に相談しましょう。
その後、様々な人脈をもとに自分が留学したい国と繋がりがある人を探しましょう。
特に英語の先生などは、友人に海外と繋がりがある人がいることがあるので、
協力してもらえるようにしておきましょう。

留学前にやっておけばよかったこと

準備は前もってしっかりと行っておきましょう。

留学を勧める・勧めない理由

お勧めします。新たな世界へ踏み出すことで多くの学びや繋がり、自分に自信を持つことができるようになります。

これから留学へ行く人へのメッセージ

成功も失敗も何事も経験。ぜひ良い繋がりを作って帰国してください。
初留学ならば、次留学するときの練習だと思って、がむしゃらに行動してみてください。