留学大図鑑

みーちゃん

出身・在学高校:
大妻中野高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

フランス、トゥレーヌ地方の文化を学ぶ!!

留学テーマ・分野:
中長期留学(4か月以上、日本の高校に在籍しながら留学)・語学留学
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • Saint Denis International School, Tours Langues
  • フランス
  • ロッシュ、トゥール
留学期間:
11か月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,200,000円
  • 高校独自のもの 100,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
フランス語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<DELFA1> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<DELFB1>

留学内容

私はトゥレーヌ地方の文化とフランス語を学び、フランスのエスプリを身に着けるため、約1年間フランスへ留学しました。トゥレーヌ地方にある14のお城(château)を訪れたり、博物館や、美術館、洞窟を見学したりなど様々なところへ足を運び、その地方の歴史を学びました。そして、オリジナル新聞Touraine et Moi をフランス語で作成し、各国からの留学生が集まる現地の学校に掲載しました。また、現地の学校の生徒や留学生に日本について興味を持ってもらうために、フランス語と英語でプレゼンテーションを行いました。

留学の動機

中学校でフランス語の授業があり、そこから「フランス語の発音ってとても魅力的!!」「フランス文化についてもっと勉強したい!!」などフランスに強く惹かれていきました。そして中学3年の時、2週間フランスのトゥレーヌ地方に留学し、街の景色やお城の美しさに一目惚れしました。私が抱いたトゥレーヌ地方への情熱を信じ、高校での長期留学を決意しました。

成果

オリジナル新聞の発行するうえで、トゥレーヌ地方について深く調べたり、現地の人々に聞いたりしたので、フランス語力の向上、知識がついたのはもちろん、人脈を広げることができました。さらに、留学前は不明確だった将来の夢が留学を通して「フランス語圏と日本の懸け橋になる!!」という大きな夢を見つけたことが私の大きな成果です。

ついた力

前向き思考力

留学最後の三か月、コロナの影響で現地の学校が閉鎖されたため、ホストファミリー先で過ごしていました。授業もオンライン上で行われ、友達と直接会えない日々が続きました。それでも、今できることは何か自分で探し、フランスの友達とテレビ電話しながら勉強したり、ホストファミリーからフランス料理を教わったりなど、フランスに滞在できることに感謝しながら、一日一日を大切に過ごしていました。

今後の展望

日本とフランス語圏を繋ぐ女性に必ずなる!!
大学生で、もう一度、長期の留学をする!

留学スケジュール

2020年
1月?
2020年
1月

ルクセンブルグ(ルクセンブルク)

WEMEP2020 in Luxembourg (Western European Model European Parliament)にフランスの立場で参加するため、1週間ルクセンブルクに滞在しました。私のほかにも、9人の生徒が同じ学校から選ばれました。私は、ITREという主に環境問題を取り上げる委員会に参加し、他国の国の委員と英語で討論しました。最終日には、各委員会が討論内容を発表し、さらに討論し、議会の内容を一冊の資料にまとめました。最初は、モチベーションを高く持ち、議会に参加したいましたが、周りの英語力についていけず、落ち込む日々が続きました。それでも、ホストファミリーやとルクセンブルクで出会った友達に助けられ、前に進むことができました。この経験をきっかけに、英語力を向上させようと決意しました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

最終日の議会の会場
フランス代表の仲間
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2020年
2月?
2020年
2月

チェコ・ドイツ・フランス・ポーランド(パリ・ベルリン・アウシュビッツ・ワルシャワ・プラハなど)

原子の学校が主催した2週間の東ヨーロッパ歴史学習旅行に参加し、第二次世界大戦について学ぶため、フランス(パリ、ストラスブール)、ドイツ(ベルリン、アウシュビッツ、ミュンヘン)、ポーランド(ワルシャワ、ラドム、クラフク)、チェコのプラハへ行きました。旅行中、私はポツダム会談が行われたドイツのツェツィリエンホーフ宮殿の前で、ポツダム会談とポツダム宣言について友達とフランス語でプレゼンテーションを行いました。この旅行で、たくさんの歴史的な建造物や、博物館を訪れ、多くのことを学ぶことができました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ツェツィリエンホーフ宮殿
集合写真
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2019年
7月?
2020年
6月

フランス(トゥール・ロッシュ)

8月はフランスのトゥールという町にある、Tours langues という語学学校へホストファミリーの家からトラムという路上電車で通いフランス語の基礎を学びました。毎週土曜日には、学校の先生が必ずトゥレーヌ地方にある古城に連れて行ってくれたのでお城の歴史や背景を学ぶことができました。自分が学んだことをオリジナル新聞’’Touraine et Moi''に書き学校の掲示板に貼りました。この一か月でフランス語が上達し、フランスになれることができました。9月からは、ロッシュという町にあるSaint Denis International School という現地の高校に通い始めました。この学校では、フランス人の友達3人を集めて一緒に日本について英語でプレゼンテーションしたり、一人で正月について、先生や外国人留学生へフランス語でプレゼンテーションを行ったりしました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

mes aimes en france
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

この国のことが、とても好きになった瞬間

私がフランスのことが好きになった瞬間はトゥレーヌ地方のお城を訪れた時です。見た目も、歴史も、大きさも違うお城訪れ、それぞれの美しさに感動しました!私のお気に入りは、シャンボール城とシュベルニー城です!ホストファミリーや学校の先生方のお陰で留学中にたくさんのお城を訪れることができました。とても感謝をしています。皆さんも、ぜひ一度、トゥレーヌ地方のお城を訪れてみてください!

シャンボール城
ユッセ城

留学前に身に着けるべきフランス語

  • 語学力 : その他の言語

留学前に、どこまでフランス語を勉強するべきか、悩んでる人が多いと思います。留学前に自己紹介、簡単なあいさつ、「おいしい!」「きれいだね」など、簡単な返答ができると現地に着いた時に便利です。一番大切なことは、自分が嬉しいと思ったこと、感謝を伝えるときは、笑顔を忘れずに相手の目を見て話すことです!もし、相手の言葉が聞き取れなかったら聞き流すのではなく、「もう一度お願いします」といってみましょう!

留学前にやっておけばよかったこと

日本についてもっと知っておくべくだったと感じています。いろんな方からいろんな質問をされたので、知識不足で答えられない時もありました。

留学を勧める・勧めない理由

自分の世界と将来の可能性が広がります。

これから留学へ行く人へのメッセージ

私にとって留学は、情熱、挑戦、実現です!みなさんも、まずは一歩踏み出してみてください!