留学大図鑑

Fuyuki

出身・在学高校:
宇都宮白楊高校
出身・在学校:
東京農業大学
出身・在学学部学科:
造園科学科
在籍企業・組織:

最終更新日:2020年02月06日

竹の価値を模索しにアメリカにバンブー留学

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ミシガン州立大学
  • アメリカ合衆国
  • ミシガン州・オレゴン州・サンタフェ
留学期間:
10ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,000,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

竹の価値を模索するため、竹が当たり前な存在の日本から出て、竹を珍しく感じ、竹が好きな人が多いアメリカに留学した。そのために、まずミシガン州立大学で留学し、現地の学生と一緒に授業を受け、これからの社会に求められる考え方をSustainabilityの授業を中心に学んだ。次にオレゴン州にある竹のナーサーリーで働き、アメリカ人が竹のことをどのように捉えているのかを見てきた。そして、サンタフェにある日本の竹工芸を専門に取り扱うアートギャラリーで働き、どのような人が日本の竹工芸に興味を持っていて、どのように評価されているのかを見てきた。

留学の動機

実家が竹農家であり、将来家業を継ぐときのために竹の可能性を確かめたかったから。また、将来は日本だけに縛られず、世界を視野に仕事がしたいと考えていて、そのために必要な語学力を始めコミュニケーション能力と海外経験を身に付けたかったため。

成果

竹は日本文化を象徴する植物であり、日本文化を含めた竹が好きな人が多いことがわかった。そして、グローバル化していく世界で、竹の持つ文化はより一層価値のあるものになると感じた。

ついた力

オープンマインド力

アメリカでの生活を通して、英語力の向上はもちろんの事、アメリカと日本の文化の違いを強く感じることが多々あり、人生で初めてマイノリティになった経験が私に多様な価値観を与えてくれた。そして、オープンに視野を広げていればいろいろなチャンスが舞い込んでくると感じた。

今後の展望

将来的には家業である竹に関わる仕事をしたいと考えている。直近の展望は東京オリンピックに関わりたいと考えている。また、もう一度長期で海外に出たいと考えている。

留学スケジュール

2018年
8月~
2019年
5月

アメリカ合衆国(ミシガン州イーストランシング)

ミシガン州立大学で持続的な社会の授業を中心に、観光学、国際政治、国際開発の授業を受講した。これからの世の中がどのように変化していくのかや、持続的な社会を作っていくためには何が必要かを考えさせられるものだった。また、幼い頃からの憧れであったアメリカの大学生活を経験したことは一生の思い出になると思う。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

留学先の友人とミシガン湖のキャビンに宿泊
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2019年
5月~
2019年
6月

アメリカ合衆国(オレゴン州アルバーニー)

オレゴン州にある竹のナーサリー「Bamboo Valley」でインターンシップをした。BambooValleyでは主に竹の圃場の管理や竹の苗の販売、庭園の管理などの造園作業を行った。従業員は3人ほどで小さなチームだったが重機の使用がメインで仕事を行うためとても効率が良いものだった。オレゴン州はとても乾燥していて竹の生息には不向きだが、スプリンクラーが農場内に張り巡らされており、アメリカの合理性が伺えた。また、竹に対して熱心な人が多く日本文化に興味を持っている人が多いように感じた。また、竹を庭に植えることで、庭でもバケーション気分が味わえると行っているお客さんおり、日本人の抱く竹のイメージとは違うものを持っていると感じた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

Bamboo Valleyのメンバーと集合写真
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2018年
6月~
2019年
6月

アメリカ合衆国(ニューメキシコ州サンタフェ)

日本の竹工芸を主に取り扱うコンテンポラリーアートギャラリー「TAI Modern」でインターンシップを行った。TAI Modernでは主に日本の竹工芸をアメリカ人コレクターに向けて販売したり、日本語の翻訳、日本人竹工芸家についての調査をしていた。竹工芸はとても高価なものだが、アメリカ人には熱心なコレクターが多く、日本よりも市場が盛り上がってるようだった。また、裕福なアメリカ人と会話する機会が多く、彼らが日本の竹工芸を高く評価しており、アメリカの合理主義とは反対をいく日本の精神性を反映するものが求められていると感じた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

TAI Modernのメンバーと集合写真
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

あなたにとって留学とは?

私にとって留学とは自由を与えてくれるものです。留学中は異なる価値観やバックグラウンドを持つ人たちと関わることから、自身が当たり前だと思っていることを説明しないと伝わらないことが多いです。そこから、自分が当たり前だと思っていることが他人には当たり前じゃないということに気づくとともに、自分は狭い価値観の中でしか物事を考えていなかったのだと気づくことができました。そこから、人は自由に自分の考えを持って良いということに気がつきました。自由って素晴らしいと思います!

友人と行ったマイアミ旅行

とにかく行動!

  • 留学先探し : インターンシップ

アメリカでインターンシップをしていたと話すと、どうやってインターン場所を探したのと聞かれることが多いです。私も留学前は疑問に思っていました。しかし、答えはシンプルで興味のある会社に自分の情熱を伝えることだと思います。私は二つの会社でお世話になりましたがどれも想いを込めたメールから始まりました。海外からの学生が興味を持ってくれていることを相手側はとても嬉しいと感じていると思います。自分に何ができるかも大切だと思いますが、まずはなぜその会社に興味を持ったのかを伝えるためコンタクトをとると良いと思います。とにかく行動!

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学は世界の広さを体感できます。私はそこから自身の小ささを知るとともに、自分の価値観を持つことの大切さ、世界は自由だということに気付けました。安全と健康には気をつけ、最高に楽しんできてください!