留学大図鑑

ちえち

出身・在学高校:
鳥取県立鳥取西高等学校
出身・在学校:
京都工芸繊維大学大学院
出身・在学学部学科:
工芸科学研究科
在籍企業・組織:

最終更新日:2020年01月10日

元素の特性を生かした新奇合成法を学ぶ

留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ブリティッシュコロンビア大学
  • カナダ
  • バンクーバー
留学期間:
3か月半
総費用:
1,100,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 720,000円
  • 研究費 300,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<TOEIC 710点> 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

日本の基礎研究力の不足という問題点に着目した。日本の技術力の底上げを行うべく研究基礎力を獲得し、有識者となることを目的として、新奇合成法の手法を学びに行った。無機元素の特徴を今一度見直し、その電子状態と反応性に着目し有機合成の手法で新奇ヘテロ元素含有骨格の合成法を学んだ。結果として、合成法の開拓のみならず、新たな無機元素含有骨格の反応性を明らかにし、ヘテロ元素化学の開拓に成功しただけでなく材料創出に取り組んだ。

留学の動機

日本の博士課程で有機ヘテロ元素化学に関する基礎研究を行う傍ら、共同研究を進めている。その際に、基礎研究力の低下が顕著に見えており、行き詰まり感を受けた。そのため、日本の基礎研究力の底上げの必要性を感じたため、自らが有識者となり貢献したいと考えたから。

成果

新奇合成法を三か月で開発するという最短で成果を得るためには、一人だけの力では難しいと思った。コーヒーブレイクやビアパーティには積極的に参加し、様々な研究分野の博士やポスドクとの交流をしつつ、研究に関して頻繁にディスカッションを行った。その際に構築した人脈を生かし、分子設計や合成スキームを考え、合成に成功した。

ついた力

逆境を楽しむ力

最初、留学先の研究室のボスから、三か月という短期間で、私たちの研究に君は貢献できると思っているのかい?と問われ何も答えることができませんでした。
最短期間で最大限成果を出すべく、多国籍かつ様々な研究分野の人々と協力及び議論しつつ、スピード感を意識しつつ研究を進めるという、他者を巻き込んで物事を成し遂げる経験は、今後の研究人生に大いに生かせるものと思います。

今後の展望

なおいっそう研究が好きという気持ちが変わらないだけでなく、多国籍の人々の理解を得つつ研究を進めるのは難しいものの、楽しさの方が勝ったので、外国で研究職につくという選択肢もありだなと思うようになりました。

留学スケジュール

2019年
8月~
2019年
11月

カナダ(バンクーバー)

無機元素の特徴を今一度見直し、その電子状態と反応性に着目し有機合成の手法で新奇ヘテロ元素含有骨格の合成法を学んだ。結果として、合成法の開拓のみならず、新たな無機元素含有骨格の反応性を明らかにし、ヘテロ元素化学の開拓に成功しただけでなく材料創出に取り組んだ。最短期間で最大限成果を出すべく、多国籍かつ様々な研究分野の人々と協力及び議論しつつ、スピード感を意識しつつ研究を進めた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

三か月世話になった私のデスク
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

最初に住んでいたシェアハウスがトラブル発生して、夜逃げして家を失ったときに研究室のメンバーやいろいろな友達や人々が助けてくれました。
みんな親身になってくれてほんと嬉しかった。

ラボメンバーと

財源の確保

  • 費用 : 奨学金

博士課程なら、トビタテ以外にも学振など奨学金制度は多岐にわたります。早めの行動が吉なので情報収集を欠かさないようにした方がいいです。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学はやはり行ってみないとわからないことが多いです。やり遂げた後の自信は今後の人生の糧となります。