留学大図鑑

柿原 文太

出身・在学高校:
洛星高等学校
出身・在学校:
京都大学
出身・在学学部学科:
医学部医学科
在籍企業・組織:

最終更新日:2019年11月06日

バイオベンチャーの設立に向けて

留学テーマ・分野:
研究室留学
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • University of California, San Francisco
  • アメリカ合衆国
  • サンフランシスコ
留学期間:
11ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,000,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEFL 98>

留学内容

サンフランシスコに約十一ヶ月滞在し、UCSFのOkada labにて脳腫瘍の免疫治療をテーマに研究を行った。

留学の動機

日本では比較的小規模なラボが多いのに対して、留学先のラボでは基礎研究から臨床応用、治験などまで全てを行っており、留学を通じて、最新の研究だけではなく、一つのラボで全てを行うノウハウを得ようと思い留学を志望した。

成果

今回の留学では、undergraduateでありながら、そのラボの規模の大きさから、自分自信の独立したプロジェクトをもらうことができ、最初は苦しみながらであったが、なんとか一歩ずつ研究を進めることができた。

ついた力

行動力

いろいろなことに自分でチャレンジできるようになった。

今後の展望

今回の経験を元に研究ができる臨床医を目指し、自分の研究の成果を実臨床に応用したい。

留学スケジュール

2018年
4月~
2019年
3月

アメリカ合衆国(サンフランシスコ)

研究室で研究に励んだ。家賃は高かったため、ルームシェアをしていました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

150,000 円

生活費:月額

60,000 円

友人と
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

150,000 円

生活費:月額

60,000 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

英語を教えてくれたり、いろいろなところに飲みに行ったり、楽しい思い出がたくさんできました。

ラボの同僚と

アメリカ西海岸

  • 生活 : 食事

西海岸にはアジア系の人が多く住んでいるので食べ物には困りません

これから留学へ行く人へのメッセージ

大変なことも多いですが、得られるものはたくさんあるはずです。いろいろなことにトライして自分の殻を打ち破りましょう。