留学大図鑑

久保木さやか

出身・在学高校:
千葉県立佐原高等学校
出身・在学校:
横浜市立大学
出身・在学学部学科:
国際総合科学部
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

何かお力になれることがあれば、お気軽にご連絡ください!

誰もがトビタテる社会を目指して韓国へ

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 仁川大学 東北アジア国際通商学部
  • 韓国
  • ソウル特別市・仁川広域市
留学期間:
1年
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,350,000円
  • 大学独自のもの 200,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
韓国語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOPIK6級>

留学内容

「誰も取り残さない。そして、誰もがトビタテる社会へ」というテーマの下、韓国にぴったり1年間留学していました。現地では①交換留学(仁川大学)②若者支援(K2インターナショナルコリア)③日韓交流事業(アジア希望キャンプ機構)の大きく分けて3つの活動を行いました。
①交換留学では生活やボランティア活動で必要になる韓国語の習得を目指していました。また、幅広い知識を得たいと思っていたため、日本での専攻分野以外の学部授業も受講しました。
②若者支援という言葉はご存知でしょうか?私が韓国で行っていた若者支援はひきこもりやニート状態に置かれている支援対象者を再び社会に戻す活動です。留学テーマの中心的な活動がこの若者支援でした。
③留学後期、予想外の日韓関係悪化により、日韓交流事業にも力を入れました。現地にいる日本人として何かできないかと考え、日本人大学生と韓国人大学生が率直に対話できる場を設けました。

留学の動機

私が留学を考え始めたのは2年の後期の頃です。大学とアルバイト先を行き来する毎日が続いており、このまま大学生活が終わってしまうのが嫌だ、何か自分だけが持つ特別な記憶を作りたいと留学を決めました。実は、私が韓国に留学したのは英語にコンプレックスを持っていたからという理由もあります。しかし、留学中は韓国人以外の人と出会う機会も多く、再び英語に挑戦しようという気持ちにもさせられました。

成果

目に見える成果としてはK2インターナショナルコリアの社会的企業認定・メディア掲載、韓国能力試験(TOPIK)6級合格、韓日未来フォーラム(討論会)開催などが挙げられます。
また、留学を通して得たものとしては挑戦せずに後悔するよりも挑戦して失敗する方がはるかに良いと考えられるようになったことが大きいです。

ついた力

チャレンジ力

留学以前は自分の力では不可能だと思う物事に対しては挑戦もせずに初めから諦めることが多い性格でした。しかし、留学は期間限定ということもあって今チャレンジしないと一生できないことかもしれないと常に感じていたため、普段であれば挑戦しないようなことにも積極的に向き合えたと感じます。

今後の展望

今後も何らかの形で韓国や若者支援に関わる活動をしていこうと考えています。

留学スケジュール

2018年
9月?
2019年
6月

韓国(韓国(仁川広域市))

《活動概要》横浜市立大学、仁川大学間の交換留学生として在籍
・留学前期は主に韓国語学習に重点を置いた(韓国語5級クラス)
・留学後期は学部授業にも挑戦(経済学、社会福祉学、人類学等)
・日本語の授業に補助として参加
・韓国人学生と寮で共同生活
《成果》
・韓国語能力試験(TOPIK)6級合格
・申請単位は全て取得

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

仁川大学が位置する松島国際都市は高層ビルが立ち並んでいる
学校裏の海
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2018年
9月?
2019年
8月

韓国(韓国(ソウル特別市))

《活動概要》ひきこもりやニートの若者が社会復帰できるような支援(若者支援)を行った
・大学の長期休みはソウル市城北区に位置するシェアハウスで支援対象者と共同生活
・一緒き暮らすことで生活リズムを整える手助けをした
・日本語教室や料理教室、就労体験など各種プログラムの支援
・ひきこもりやニートの子を持つ親の会を毎月開催(長期休み中以外も参加)
・相談役になる
・毎日、報告書を記載し、支援対象者の状況を代表に伝える
《成果》
・K2インターナショナルコリアが社会的企業に認定(外国人が代表を務める団体では韓国初)
・社会的企業認定後、テレビや新聞等の取材が増え、メディアを通して韓国国内のひきこもりやK2インターナショナルコリアの存在が広まる
・支援対象者の小さな変化(笑顔が見られるようになる、言葉数が多くなるなど)
・日韓青年支援カンファレンス同行

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

日韓青年支援カンファレンスの出席者で集合写真
社会的企業認定を祝って行った屋上パーティー
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2019年
8月?
2019年
8月

韓国(韓国(ソウル特別市))

《活動概要》日韓交流や国際交流の推進
・アジア希望キャンプ機構のホームページ編集
・国際交流プログラムの改善(オーストラリア、香港から来たインターンと共同で)
・韓日未来フォーラム(討論会)の企画、運営
《成果》
・第12回韓日未来フォーラム(討論会)開催
・韓日未来フォーラム報告会開催

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

韓日未来フォーラム出席者で集合写真
一緒に働いたインターン生と
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学中にやってしまった、私の失敗談

学園祭の初日夜の出来事でした...。
レンガの段差に躓いて転倒した瞬間、地面に顔を強打して歯が抜け落ちてしまいました...。
すぐに韓国の病院に行ったのですが、夜間診療で2時間待って止血しかできないし明日も治療できるか分からないと伝えられました。そのため、緊急帰国を決めて日本の病院で治療を受けました。地理的に近い国に留学していたからこそできた荒業ではありますが、その時の判断と行動は間違っていなかったと思いたいものです...。病院まで付き添ってくれた韓国人のルームメイトには感謝してもしきれません。
アクシデントは予測不可能でいつ何時起きるか分からないため、海外留学保険に加入しておくことを強くお勧めします。
留学は終わりましたが、歯の治療は続いております...。

学園祭のために設置されたステージ...
日本に無念の帰国...

韓国語の学習方法

  • 語学力 : その他の言語

留学開始半年前から本格的に韓国語の勉強を始めました。大学で行われている韓国語の授業を1週間に2コマ受講しました。しかし、それだけでは韓国語で授業を受講できる程度の語学力に到達しないと思ったので空きコマを活用して自主学習を行っていました。私は「できる韓国語」というテキストを使用し、テキストの初級Ⅰ、初級Ⅱ、中級Ⅰまでを学習してから韓国へ向かいました。また、日本に住んでいる韓国人の方を紹介してもらって月に1~2度ほど会話練習を依頼していました。
韓国滞在中はルームメイトや同じ学部の友達と話したり、難しいと思っても韓国語での学部授業に挑戦してみたりしたことで少しずつですが、自然と韓国語が使えるようになったと思います。

留学前にやっておけばよかったこと

留学中は様々な国から来た人と接することが多かったので、韓国語に加えて英語も学習しておけばよかったと感じます。語学力があるかないかで活動の幅や得られる知識量が違ってくるのではないかと思います。

留学を勧める・勧めない理由

勧めます!
自分の殻を破れる、殻にひびが入れられるのに絶好のチャンスだと思います。

これから留学へ行く人へのメッセージ

私は今回が初めての留学だったため、出発前は不安で仕方ありませんでした。留学はお金もかかるし、卒業も1年遅くなるし、もし、帰国後自分に何の変化もなかったらどうしようと不安要素でいっぱいになっていました。
しかし、留学から帰ってきた今、後悔は全くありません。留学に踏み切っていなかったら今頃ものすごく後悔していたと思います。留学に不安はつきものですが何とかなります!