留学大図鑑

さきこ

出身・在学高校:
滋賀県立水口東高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

語学&異文化交流

留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・語学留学
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • EMBASSY ENGLISH Melbourne
  • オーストラリア
  • メルボルン
留学期間:
3週間
総費用:
600,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 350,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

留学中は語学をメインに活動していました。一週間のうち、平日の午前中は語学学校に通っていました。語学学校の授業は日本の英語授業とは違う「聞く・話す」の部分を鍛える実践型で、休憩時間にもクラスメート達と英語でおしゃべりをしたりして本当に英語漬けの日々でした。そのおかげで英語を話すことに早く慣れることができ、とても充実した留学生活を送ることができました。
休日は様々なアクティビティーに参加したりしました。中でも、私の留学第2の目的であった、メルボルンで開催された「日本夏祭り」のボランティア活動ではとても貴重な体験をさせていただきました。日本夏祭りとは、毎年メルボルンで開催される、「現地の人々が日本の文化を楽しむ」お祭りです。そこでは、日本の食べ物を売っている屋台が出展されていたり、アニメのコスプレをしたり着物を着ている人がいたりしました。私は盆踊りのリードをする係になりました。現地での盆踊りは日本のような荘厳な雰囲気ではなく、みんなが掛け声や手拍子と共にとても楽しんで踊るものでした。「盆踊り」という日本の文化を外から見ることによってまた違った魅力に気づくことができました。

留学の動機

世界で通じる英語力と国際感覚をつかみたいと思ったので。

成果

語学学校では世界中の国の友達ができました。みんなと切磋琢磨しながら勉強できてとても良い経験ができました。失敗を恐れずにたくさんの人に話しかけることができました。

ついた力

自立力

留学先でトラブルが起こった時、自分一人しかいないので誰も助けてくれない。という状態のなかで自分一人でなんとかする力が身に付いたと思います。

今後の展望

日本の文化を世界に広めるためにこれからもどんどん進んでいきたいです。大学生になったらまた留学に行って世界中から見た日本をもっと研究していきたいと思っています。

留学スケジュール

2019年
2月?
2019年
3月

オーストラリア(メルボルン)

平日の午前中は語学学校で英語の授業を受け、午後からは語学学校のアクティビティーに参加したり語学学校の友達とご飯に行ったり、ショッピングに行ったりしました。たくさん英語でコミュニケーションをとれて自分の英語を上達させるとてもいい機会になりました。
休日は現地のお祭りに参加したり、ホストファミリーと出かけたり、遠出をして観光をしました。現地の文化にたくさん触れることができました。
特に印象に残っているのはメルボルンなつまつりです。日本の文化を海外の視点からみることができ、新たな日本の魅力を発見しました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

メルボルンなつまつり
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

日本のことが、とても好きになった瞬間

メルボルンなつまつりではいろいろなアニメ、マンガ好きに出会えました。私もアニメ、マンガが大好きなので、現地のファンの方々とたくさんアニメや漫画の魅力について話せてとても楽しかったです。
日本のヲタクも海外のヲタクも好きなものに対する熱は世界共通だな。と思いました。
日本のアニメ、マンガはこれほど世界に広がっていたのか。と驚きました。

コスプレイヤーさんと

気持ちさえあればつながる

  • 語学力 : 英語

海外に留学するときに不安に思うことの一つとして語学力が上がると思います。まったく通じなくてトラブルに巻き込まれたらどうしようと思っている人も多いと思います。しかし、実際にはそんなことはありません。現地の人はとても親切に私たちの話を聞いてくれます。相手が留学生だと分かっていて「あなたの英語は聞き取れない。」なんて言う人はいません。伝えたいという気持ちさえあれば必ず伝わります。

留学前にやっておけばよかったこと

留学中の自分をイメージすることです。これをしておくことによって、留学中どんなトラブルが起こっても冷静に対処できると思います。

留学を勧める・勧めない理由

留学は私を世界という次のステージへと連れて行ってくれました。自分を変えたい人、自分を成長させたい人、自分を高めたい人は留学をしてみることをぜひおすすめします。

これから留学へ行く人へのメッセージ

不安なことや辛いこと、思い通りに行かないことなどがこれからたくさんあると思いますが、前を見ることだけは忘れずに頑張ってください。皆さんの留学が成功をることを祈っています。