留学大図鑑

Hiro

出身・在学高校:
栄光学園高等学校
出身・在学校:
東京大学
出身・在学学部学科:
公共政策大学院
在籍企業・組織:

最終更新日:2019年05月15日

オランダで金融修士号取得

留学テーマ・分野:
大学院進学(修士号・博士号取得)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ユトレヒト大学, Master in Banking and Finance
  • フィリピン・オランダ
  • オランダ、ユトレヒト・フィリピン、マニラ
留学期間:
1年
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,500,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

オランダのユトレヒト大学で金融修士号を取得。その後、フィリピン・マニラの現地FinTechスタートアップでインターンを実施。

留学の動機

公共政策大学院に所属していたが、金融の分野で専門を深めたいと考え、オランダの大学院で金融修士号を取得することにしました。
修士号取得後は、以前インドの現地NPOでマイクロファイナンスのインターンをやっていたこともあり、金融包摂をテクノロジーで解決するFinTech企業に関心を持ち、Ayannahというフィリピンのスタートアップでインターンをしていました。

成果

マクロプルーデンス政策という、2008年のGlobal Financial Crisis以降に注目を集め始めた政策ツールが東南アジアの金融機関にもたらす影響を定量的に分析しました。具体的には、2000-2010年のBank-levelのデータを活用し、マクロプルーデンス政策の導入が同地域の金融機関の貸出量を有意に減少させたことを明らかにしました。

ついた力

忍耐力

忍耐なくして結果を出すことはできないと再認識しました。序盤はなかなか授業にキャッチアップするのが難しかったのですが、生活リズム・心の整え方・勉強の仕方を改善し続け、最終的にマクロ経済学の試験ではクラス2位、計量経済学ではクラストップの成績を残すことが出来ました。

今後の展望

留学以前は公共セクターに興味がありましたが、フィリピンのFinTechスタートアップでインターンをして民間セクターのダイナミズムに触れて以来、自分自身も民間企業で専門性と実力を伸ばし、将来は海外で勝負していける人材になりたいと思うようになりました。
20代は「専門性」と「国際性」を伸ばせる民間金融機関で仕事をしてビジネスマンとしての基礎を作りたいと考えています。

留学スケジュール

2017年
8月~
2018年
8月

オランダ(ユトレヒト)

ユトレヒト大学で金融の修士号を取得。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ユトレヒトの風景です。
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2018年
8月~
2018年
9月

フィリピン(マニラ)

現地FinTechスタートアップでインターン。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

インターン先の同僚たちとの飲み会
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

日本のことが、とても好きになった瞬間

オランダに留学してから剣道を始めました。型を地道に身に着け、帰国直前に4級を取得しました。

道場の友人たちと。

人と話すのが一番の近道

  • 語学力 : 英語

留学先ではとにかく人と話すことを心掛けるのがいいかと思います。オランダ人はとてもフランクなので道端でたまたま知り合った人でも会話が弾むかと思います!

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学先では思い通りにいかないことがほとんどだと思いますが、そこで踏みとどまって自分なりに工夫したことはきっとこれからの人生で役に立つことと思います。たくさん失敗してきましょう!