留学大図鑑

未知なる病原体から日本を守れ!

留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • コンプルテンセ大学
  • スペイン
  • マドリード
留学期間:
3ヶ月
総費用:
800,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 850円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

アフリカ豚コレラの日本への侵入リスクを評価するためにOIEリファレンスラボラトリーであるコンプルテンセ大学に3ヶ月研究留学をした。本研究分野において世界をリードする大学であることから、技術だけでなく、現場でしか得られない知識も得たいと思い当該研究室の教授に連絡を取り実現した。スペインにおける人脈が形成できただけでなく、大きな研究成果が得られたので国際学術誌に投稿予定である。養豚獣医師の家にホームステイし、スペインの養豚場もいくつか訪問した。スペインの養豚システムだけでなくEU全体の話も聞くことができ、非常に良い経験となった。

留学の動機

日本にアフリカ豚コレラの侵入が危惧されているにもかかわらず、日本に専門家は殆どいない。治療法もない病気であることから侵入を防ぐ以外に手立てはない。こういった背景から日本では学べない内容を学びたいと思い、世界の最先端で活躍する大学への留学を決意した。

成果

具体的な成果で言えば、国際学術誌への投稿や日本での学会発表が目に見える成果である。それだけでなく、日本にいては絶対に知りえないであろう裏話、EU各国の位置づけなどを知ることができた。一番大きな成果だと感じたのは生活における価値観である。ホストファミリーが本当に素敵な人達で、彼らとの生活を通して生き方を学んだ気がする。

ついた力

自分で突き進める力

自分のことは自分で進めなければ何も解決しないということを痛感した。言葉もわからない環境で、周りを知らない人たちに囲まれて、自分から積極的に動かなければ何も変わらないことを三ヶ月の間に経験した。

今後の展望

留学直前からアジアの情勢が急速に変化し、アフリカ豚コレラの日本への侵入リスクはより現実味を帯びている。本留学で培った人脈を活かし、再度6ヶ月間スペインへ渡り本研究を発展させる予定である。

留学スケジュール

2018年
9月?
2018年
12月

スペイン(マドリード)

3ヶ月に渡りマドリード コンプルテンセ大学に滞在して「アフリカ豚コレラの日本への侵入リスク評価」を共同で研究した。研究では一定の成果を上げることができたので、本成果を国際学術誌に投稿する準備をしている。その一方で日本での学会において本成果を報告した。研究に限らず、日本とスペインの大学院生の生活スタイルの違いや考え方の違いを学ぶことができた。大学生活以外でもホストファミリーと過ごした時間はかけがえのない宝物である。彼らと共に過ごし、物事へ取り組む姿勢、人生において大切なもの、どう働くかなど、本当に多くのものを学んだ。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

60,000 円

生活費:月額

100,000 円

項目:交通費や交際費

80,000 円

コンプルテンセ大学研究チームの仲間と
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

60,000 円

生活費:月額

100,000 円

項目:交通費や交際費

80,000 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

ホストファミリーには感謝してもしきれないくらいお世話になった。ホストファザーもマザーも現役の獣医で、どちらもEUのみならず世界でも有名な人達である。普段は信じられないほど忙しいが、土日は必ず休みを取り、家族のために時間を割いて山にトレッキングに行ったり、子供のために南フランスへサーフィンに行ったりしている。仕事とプライベートの両立が非常に上手で、仕事もこなしつつプライベートも楽しんでいるようだった。子どもたちは基本5ヶ国語をマスターしていてピアノやチェロも演奏できるスーパーファミリーだった。自彼らとの生活で気づいたことは、自由に学ばせ興味のあることはとことん追求させる。こういった姿勢は勉強だけでなくいろいろなところに通じるものがあると感じた。

お世話になったホストファミリーと千羽鶴を折っているときの一枚

スペイン語の学習

  • 語学力 : その他の言語

やはり事前に少し勉強していくのがいいと思います。勿論大概のことはその場のノリでなんとかなりますが、おしゃべりな彼らの懐に入るには少しでもスペイン語が話せるといいと思います。

人脈を頼るか自分で探すか

  • 留学先探し : 大学

これは難しい問題だと思います。私の場合、こちらの大学のシステムを利用して向こうの教授を招聘しました。そこでコネクションを作り、お願いして留学が叶いました。興味のあるところへは積極的に何度もメールを出すのも手だと思います。

郷に入っては郷に従え

  • 住まい探し : ホームステイ

日本との生活の差に戸惑うことも多くあると思います。ホームステイの一番の魅力は向こうの生活に完全に溶け込めることだと思います。日本との習慣や考え方の違いに戸惑うことも多くあると思いますが、それも留学の醍醐味だと思って、なんでも一度受け入れることをおすすめします。

留学前にやっておけばよかったこと

語学学習

留学を勧める・勧めない理由

良くも悪くも価値観の再構築

これから留学へ行く人へのメッセージ

先入観や偏見、全てを可能な限り排除して、感じたままのことについて自分なりに考えをまとめてみると良いと思います。