留学大図鑑

swimmerアイ

出身・在学高校:
熊本県立玉名高等学校
出身・在学校:
出身・在学学部学科:
在籍企業・組織:

最終更新日:2018年12月12日

コロラドでの水泳日記

留学テーマ・分野:
短期留学(3か月以内、語学・ボランティアなど各種研修含む)・語学留学
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • 熊本県立玉名高等学校
  • アメリカ合衆国
  • コロラド
留学期間:
18日間
総費用:
- 円 ・ 奨学金なし

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<英検2級> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

今回私は水泳と語学を学びにアメリカのコロラド州に留学しました。当初の計画では、留学のエージェントを介さずに自分で現地の友人と連絡を取ってステイさせてもらい、その友人が所属する水泳チームの練習に参加し、地元の学校で生徒と同じように授業を受けていろんなことを吸収して学ぶ予定でした。しかし留学の経験が全くないまま全部自分一人でこなすのはやはり難しく、実際に現地で活動を始めると予想外の事ばかりだったのですが、困難な状況のなかで学んだこともあり、結果的に有意義な留学になったと思います。

留学の動機

水泳を幼少期から習ってきたのですが、自分の専門種目以外の種目に苦手意識がありました。最近は日本も水泳が強くなっていますが、アメリカは常にトップの座をキープしていて絶対的な存在です。世界選手権やオリンピックを見ていても、アメリカの選手はみんな体格もよく力強い泳ぎで憧れを抱いていました。そんな中、今回のトビタテに出会い、チャンスだ!と思って応募しました。

成果

水泳では、気候やプールの成分が肌に合わなかったのか、腕や足など全身に発疹が出てしまい、思うように練習できませんでした。しかし、限られた時間の中でできることをやろうと思い、アンバサダー活動などに力を注ぎました。学校では、先生の言っていることが分からないことも多々あましたが、生徒のみんなに教えてもらいながら協力してアメリカの授業風景などを経験できたと思います。

ついた力

行動力力

自分でつかんだせっかくの機会だから迷ってもじもじするよりかは、「思い切ってやってみよう!」という気持ちになり、何事にも積極的に取り組むことができた。

今後の展望

将来の自分のためになると思ったことには貪欲にチャレンジして、留学中うまくいったことや思い悩んだことなどから学んだことを生かして後悔のない選択をしていきたい。

留学スケジュール

2018年
8月~
2018年
8月

アメリカ合衆国(コロラド州)

現地で水泳のチームの練習に参加したが、毎回毎回全身に発疹ができ納得いくまで泳ぐことができなかった。また、現地での学校の授業は日本では考えられないようなことばかりでした。ほとんどの人が、学校から支給されたPCを使っていて、日本に比べて比較的自由な授業スタイルで生徒が学習しやすそうな環境だなと感じました。授業の中で一番印象に残っているのは、「why > what (why is greater than what)」という貼り紙です。なぜそうなるのか、なぜそう思うのか、を質問する先生も多く表現力を豊かに育てているのだなと思いました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

背泳ぎの練習
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学中に手に入れた、今でも大事にしているもの

留学の趣旨とは関係ないのですが、現地の友人は水泳以外にサッカーチームにも所属していてそのコーチの家で行われたBBQに参加したのですが、チームのみんな日本から来た私を祝福してくれてたくさんのコロラドのお土産などを私にくれました。現地の人はみんな優しくとても心が温まりました。

地元のサッカーチームとの交流

ある程度の語学力は必要不可欠

  • 語学力 : 英語

語学力を向上させるための留学だからといって留学前にほとんど英語に触れないのはNG! ホストファミリーや、現地の高校生との会話を楽しむためにはそれなりのボキャブラリーやネイティブな言い回しも知っておいた方がより会話が弾むのでせめて単語だけでもできるだけたくさん覚えるべき!

これから留学へ行く人へのメッセージ

トビタテという最高のコンディションで留学するからには事前の計画を入念に行い、絶対に悔いのない経験にしてほしいです。留学中、心が折れそうになっても仲間がいるから、みんな自分と同じように乗り越えてきているんだと思えばきっと一生心に残る思い出になるはずです。自分の可能性を信じて世界へ羽ばたいてください!