留学大図鑑

はなはな

出身・在学高校:
私立昭和薬科大学付属高校
出身・在学校:
長崎大学
出身・在学学部学科:
多文化社会学部多文化社会学科
在籍企業・組織:

最終更新日:2018年11月20日

難民の実態を知るために

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • マンハイム大学社会学学科
  • ドイツ
  • マンハイム
留学期間:
9か月
総費用:
800,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,850,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<英検準1級、TOEIC800点> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

「難民の実態を知るために」
難民の実態を知るために難民を受け入れている施設にインターンシップを行う予定だったが、受け入れられなかったので、その代わりにインタビュー調査を行った。

留学の動機

留学をしようと思ったきっかけは、高校3年生の春にG1サミットにG1ユースとして参加したことがきっかけである。その場で、多くの著名人がこれからの日本について討論しあう姿を見て、自分は何ができるか考えるようになった。これからの時代に適応していくためには、世界を知ることが必要だと考え、留学をしたいと考えるようになった。

成果

ドイツでは、うまくいかないことのほうが多かった。希望通りの授業が受けられず、まったく触れたことのない分野の授業を受けなければならなかったり、受け入れられると考えていたインターンシップ先もうまく見つからなかった。しかし、あきらめずに授業についていったり、インタビュー調査を行ったことで、自分では満足できる留学生活を送れたと考えている。

ついた力

考える力

留学していたときは、大変だったけれど、留学前より自分の時間を持つことができた。自分の時間を持つことで、自分を見つめなおしたり、日本を一歩引いて見ることができた。これまで考える余裕がなかったことを考える時間ができ、それまでとは違った見方を得ることができた。

今後の展望

就職先は、主に国内需要に応える企業であるため、仕事として英語や外国とコミュニケーションを取る力を使うことはない。しかし、私は、仕事とは別に何かできないかと考えている。それは、自身の留学した経験を生かして、留学の経験を語ったり、外国との懸け橋になれるようなことをしたいと考えている。

留学スケジュール

2017年
9月~
2018年
6月

ドイツ(マンハイム)

私は、ドイツのマンハイムにあるマンハイム大学に交換留学を約10か月行った。難民の実態を知るために難民を受け入れている施設でインターンシップをする予定だったが、うまくいかなかったので、インタビュー調査を行った。そこでわかったのは、難民と移民を勘違いしている人が多いこと。そのため、保護されるべき難民への負の感情が高まっていること。難民保護のためのきちんとした議論ができないでいることが分かった。その一方で、少ないながらも、難民を受け入れるべきと考えている人たちもいた。これらを知ることができたのは、私の卒業研究に大きな影響を与えた。
写真のインターナショナルデイは、日本へ留学する学生を誘致するためのイベントで、友人らと参加した。日本に興味のある学生は思いのほか多く、何人かと知り合うことができた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

52,800 円

生活費:月額

19,800 円

インターナショナルデイでの様子
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

52,800 円

生活費:月額

19,800 円

スペシャルエピソード

あなたにとって留学とは?

私にとって、今回の留学は、「人生で一番の冒険」である。
自分の人生の中で、長期間家族と離れ、海外に住んだ経験はない。さらに、慎重な性格なので、留学という人生でも岐路となりうることをほとんど自分で決めたことは自分のなかでとても成長したといえる。
親や大学をすぐに頼ることができない状況でも、周りの友人や現地の大学を頼ったり、自分でやりくりすることで乗り越えることができた。
このように、自分のなかではこの留学は自分を成長させてくれた大きな出来事である。

留学先のマンハイム大学

留学中から帰国後の就職活動

  • 帰国後の進路 : 就職(企業)

私は、3月の就職活動解禁から就職活動を「一応」始めたが、あまり効果はなかった。それは、私の目指していた企業の分野が国内需要向けであり、あまり規模も大きくなかったからである。そのため、海外からはあまりエントリーできず、帰国後に本腰を入れて就職活動をすることになった。もし、3年生の夏から約1年間留学するのなら、それまでに自分の行きたい企業分野を見つけておき、どのような採用方法を採っているのか調べておくことを勧める。

留学前にやっておけばよかったこと

自分の将来を見据えておくこと。
留学後に自分がどうしたいのか、「5年で大学を卒業するのか」、「4年で卒業するのか」、「民間企業に就職するのか」、「大学院に進学するのか」を少しでも考えておくことが必要。場合によっては、留学中から準備が必要になる。

留学を勧める・勧めない理由

私は、留学することを勧める。
私は、自分が留学したことで、精神的に成長し、新たな考え方も身に着けることができた。
また、仕事で海外に行くことはあっても、学生のときとは違って、自分で行きたいところを選べる可能性は低いだろう。
学生の今だからこそ、行きたいところに留学でき、学びたいことを学べ、新たな価値観も得ることができるのではないか。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学へ行くためには、お金の面や勉強の面でも準備が大変だろうけれど、ある程度心も準備が必要です。
日本と似ている国であっても、日本ではないので、多少は苦労します。
そこに慣れ始めれば、暮らしやすくなり、その国が好きになると思います。
それまでは大変だろうけれど、家族や友人等の周りの人に話すことで、吐き出してください。