留学大図鑑

むむ

出身・在学高校:
成城学園中学校高等学校
出身・在学校:
早稲田大学大学院
出身・在学学部学科:
創造理工学研究科建築学専攻
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

最終更新日:2019年05月15日

パリから次世代へ向けた住まい像を構想

留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • L'Ecole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris La Villette, Antonini Darmon architectes urbanistes
  • フランス
留学期間:
12ヶ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,170,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 専門的な研究や会議において、議論や調整ができるレベル

留学内容

前期半年間は、パリ・ラヴィレット建築大学にてScénographie(舞台芸術)の授業を通して、伝統的劇場建築の再利用について学んだ。
後期半年間は、ソーシャルハウジング(公営住宅)を多く手がけるAntonini Darmon architectes urbanistesにて実務経験を積みフランス住宅事情を学んだ。
一年間を通じて、フィールドワークを行い世界有数の多民族都市であるパリにおいて社会問題となっている路上生活する100人の移民の姿を採集、スケッチした。

留学の動機

フランスの哲学や映画、文学には、目的や結論を明確に示すのではなく、鑑賞者それぞれの中に芽生える様々な解釈を許容する寛容の美学があり、めまぐるしく価値観の多様化する現代を生き抜く上で学ぶべき物事の見方に強く興味を持った。

成果

パリでの研究を通して、ある建築を考える前に、その建築ができることによってそこで生きる人々にどのような暮らしあるいは振る舞いをしてほしいのかを考え、また、このような生活スタイルがあるから、ではなくて建築家がこんな場所をデザインしたから人の生活が変わったといえる場所とは何かを考えることが重要だと再認識した。

ついた力

寛容力

多様なバックグラウンドを持つ人々の多様な考え方を受け入れること。

今後の展望

奇抜な建物を追求する建築家のイメージを変える。「社会と繋がりを持つ建築家」を目指して、世界各国の建築設計活動を行い、暮らしの豊かさに貢献する。欧州で本物の古い建築に触れることのできた経験を活かして地域の歴史的文脈に根ざした、新しい建築を発想する。より一層、人々の多様化が進む未来の日本に求められる住宅を設計する。

留学スケジュール

2017年
9月~
2018年
2月

フランス(パリ)

概要:Scénographie(舞台芸術)の授業を通して、伝統的劇場建築の再利用について学んだ。
経験:オペラやバレエ、演劇分野の発達するパリには劇場施設が数多くある。パリ市内の使われなくなった劇場を対象に、現地の学生とチームを組んで地域のコミュニティセンターとしてリノベーションする設計提案を考えた。
学び:チームメイトとのコミュニケーションを通して、日本ではプログラムなどのソフトデザインから考えていくことに比較して、フランスでは建物本体のハードデザインから考える教育を行なっていること。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

チームメイトとの作業風景
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2018年
3月~
2018年
9月

フランス(パリ)

概要:ソーシャルハウジング(公営住宅)を多く手がけるAntonini Darmon architectes urbanistes
にて実務経験を積みフランス住宅事情を学んだ。
経験:「より良く、より速く、より経済的に」「品質、持続可能性、メンバーシップ」をモットーとしミニマムな設計を行う事務所。都市景観への配慮からインテリアよりもむしろエクステリアを重視し、様々な分野の専門家の合意形成を欠かさない設計の進め方を間近で見ることができた。
学び:長い時間をかけた合意形成のプロセスを通して住宅は地域に根ざした存在となっていく。また住宅だけでなく大学、オフィスの実務にも関わる中で、将来アパルトマンへの転用を見越した設計手法がフランスでは当たり前だと学んだ。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

事務所に和菓子をプレゼントしたとき
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

笑いあり、涙あり!留学中にあった、すごいエピソード

アパルトマンが空き巣にあって周囲のあたたかさが身にしみた。

住んでいたアパルトマンの部屋で

フランス語の難しさ

  • 語学力 : その他の言語

語学の取得はその国の文化の取得に等しく、なかなかうまくいかないことに悩んだが、ジェスチャーなど身振り手振りでとにかく意見を伝えることを努力した。

これから留学へ行く人へのメッセージ

日本人、外国人にこだわらず、とにかく多様な方々との出会いを大切にしてください!