留学大図鑑

Hina

出身・在学高校:
香川県立高松高等学校
出身・在学校:
岡山大学
出身・在学学部学科:
医学部医学科
在籍企業・組織:

最終更新日:2018年11月20日

祝・初海外!短期医学研究inフィンランド

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ヘルシンキ大学 Prof. Pertti Panula Research Group
  • フィンランド
  • ヘルシンキ
留学期間:
2カ月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 57円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル<TOEIC 795> 挨拶など基本的な会話ができるレベル

留学内容

中枢神経伝達機構とそれに関連する疾病について研究している研究室にて、研究に参加する。

留学の動機

心と精神機能の関りについて以前から興味を持っていたところ、それに関わる分野の研究室でインターンシップをできるチャンスがあったから。

成果

・神経伝達物質輸送体の変異が与える影響について実験を行った。
・英語の能力が向上した。
・やりたいことがはっきりし、勉学に対するモチベーションが向上した。
・もっと自由でいいんだという構え方を得た。

ついた力

観・考察力

異国の地で生きるのは、やっぱり難しい。知らない文化、言語の中で生活するためには、日本でいるときの数百倍、観察して考察することが必要でした。そうやって暮らしたおかげで、留学前よりも、周りを見て、気づくということが上手になったと思います。

今後の展望

やりたいと思ったことは、やっていこうと思っています。それが、今自分が学んでいることや、将来計画に関係が無さそうに思えてもです。これから私や世界がどう変化するかはわからないし、今の私には関係ないように思えても、別の考え方や環境だとつながるかもしれないから。世界にはいろんな考え方や生き方があるということを、私はもう自分の経験として信じているので、どんどん挑戦していこうと思います。

留学スケジュール

2018年
5月~
2018年
6月

フィンランド(ヘルシンキ)

中枢神経伝達機構とそれに関連する疾病について研究している研究室にて、研究に参加する。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スオメリンナ島にて
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

この国のことが、とても好きになった瞬間

私がフィンランドに着いたのは5月の初めで、そのときフィンランドはまだ、しっかりとしたアウターが必要な冬の気候でした。けれど1週間ほど過ごすと、気温が温かくなり太陽は輝きはじめて、だんだんと春めいてきました。すると、タンポポなど春の花々が一斉に咲き始めました。街を行く人々も、心なしかうきうきとしているようでした。フィンランドでは冬が長いからかもしれません。一斉に咲き乱れる春の花、澄んだ太陽の日差し、春の訪れを楽しむ人々…。フィンランドの春が大好きになりました。

一面に広がるタンポポの綿毛

なんでも気から!

  • 語学力 : 英語

外国語をしゃべるとき、ついつい正しい文法や語句を考えてしまったり、単語がわからなくて諦めてしまったりすることがあったけれど、一番大切なのは話したいという気持ちだと学びました。この人と関わりたい!これを話したい!という気持ちを大切にしてください。そうすればなんとか伝わります。

留学を勧める・勧めない理由

自分で経験したことが、一番自分の血肉になります。

これから留学へ行く人へのメッセージ

心より応援しています。Good Luck!