留学大図鑑

ばやっしー

出身・在学高校:
清風高等学校
出身・在学校:
大阪府立大学
出身・在学学部学科:
工学研究科
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

生体データを用いた家庭教師AIの実現へ

留学テーマ・分野:
大学院生:交換・研究留学(日本の大学院に在籍しながら現地大学院内で学ぶ留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ドイツ人工知能研究センター
  • ドイツ
  • カイザースラウテルン
留学期間:
6ヶ月
総費用:
1,210,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,210,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEIC780点> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEIC780点>

留学内容

私は「ウェアラブルデバイス」と「教育」をテーマに、家庭教師AIの実現に向けた研究留学を半年間行いました。私の研究テーマは、眼鏡型デバイスやリストバンド型デバイスを利用して得られる人間の生体データを扱うというものです。日本の研究室で得られた実験データの解析手法を学ぶために、最先端の研究所にインターンシップという形で留学し、最終的には国際会議への論文提出を行いました。

留学の動機

この研究テーマは前例が少なく、自分の研究を加速度的に推し進める上でも、自分の分野で世界最先端の研究所で一流の研究者の方達と議論することは有意義だと考えました。

成果

留学先の研究所では、トップを走る優秀な学生や社会人の方に囲まれ、刺激を受けました。一流の研究者は、最新の論文のキャッチアップだけでなく、開発(プログラミング)能力も秀でており、スピード感を感じました。特に情報工学の分野の進歩は図り知れず、最先端を走るために必要な力がどれほどであるかが分かりました。

ついた力

英語論文の執筆力

留学中に初めて、英語で論文を執筆しました。今まで日本語で書かれた原稿をそのまま直訳するだけでは意味が通じない箇所が多々あり、苦戦しました。そんな中、留学先の研究所のメンターの方達に手助けしてもらい、良い概要の書き方、うまい単語の使い方などが身にしみて体得できました。

今後の展望

留学中は修士1回生の後期だったので、留学終了後、就職活動をしました。社会人になってからは、データサイエンスとサービス開発の両方を行い、留学の成果を還元できるように努めるつもりです。

留学スケジュール

2017年
9月?
2018年
2月

ドイツ(カイザースラウテルン)

留学開始1週間前まで、住む場所が決まらず、最終的にAirbnbを使ってシェアハウスを始めました。同い年ぐらいのドイツの大学生と最初の1ヶ月だけ同じ家で暮らしましたが、初日に自分の留学先の研究所まで車で道案内してくれたり、買い物や洗濯の仕方を教えてくれるなど、非常に親身に接してくれました。留学開始2ヶ月目からは、残念ながらシェアハウスのオーナーが引越しする都合で家を出なければならなかったのですが、その時には新しい1人暮らし用のアパートも見つかり、何とか住居を確保できました。2ヶ月目から最終月までは1人暮らしでしたが、シェアハウスが楽しかったので、Airbnbで転々と家を探す生活スタイルでも良かったかも、と後になって思いました。

費用詳細

学費:納入総額

20,000 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

40,000 円

シェアハウスのルームメイトと
費用詳細

学費:納入総額

20,000 円

住居費:月額

80,000 円

生活費:月額

40,000 円

スペシャルエピソード

日本のことが、とても好きになった瞬間

<ドイツは祝日にお店も交通機関も止まる!?>
ドイツは日本と違い、休みの日は外ではなく家で家族とまったり過ごす人が多いことも影響してか、日曜日や祝日はお店や交通機関が完全にストップします。留学の最初の祝日、家の冷蔵庫に何も蓄えがなかったので、買い物に出かけたのですが、どこもお店が閉まっており、飢え死にしそうになりました。街を彷徨った挙句、辿り着いたのがガソリンスタンドで、その中の小さなショップは開店していたので事なきを得ました。日本ではこんな事考えられなかったので、日本の良さを実感した出来事の1つです。

<アパートが入居日になっても完成していなかった!>
留学の途中で良いアパートを見つけたので引越しすることにしたのですが、入居日になっても建物が半分しか出来ていませんでした。最初の数ヶ月は、目覚ましのアラームをセットしなくても、工事の音で目を覚ましました。アパートが完成したのは自分が留学を終える頃でした。

入居日になっても完成していないアパート
留学終了する際に完成したアパート

ドイツでの住居の探し方

  • 住まい探し : シェアハウス

ドイツの大学は世界的にも人気で、各国から留学生が訪れます。そのためか、大学内の学生寮は予約でいっぱいで、半年前からキープしておかなければ空きが回ってこない状態です。直前に留学が決まった人は、Airbnbなどの信用できるSNSでシェアハウス先を探すのが一つの手です。中には、詐欺師が留学を開始する前に多額の金額を口座に直接振り込むように行ってくるサイトもあるそうなので、要注意です。

これから留学へ行く人へのメッセージ

留学に本当は行きたいけれども、躊躇してしまっている人へ。

もし自分の英語力が不安だとしても、語学力は、あまり関係ありません。最後に大事になってくるのは、ジェスチャーを使ってでもコミュニケーションを取ろうとする気持ちです。今の環境から抜け出して、新しい世界に飛び立ちたい人は、ぜひ最初の一歩を踏み出してください!