留学大図鑑

YUMENO

出身・在学高校:
鹿児島県立大島高等学校
出身・在学校:
横浜市立大学
出身・在学学部学科:
国際総合科学部 国際総合科学科
在籍企業・組織:
専門商社

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

サステナブルファッション専門家になるべく、NYのFIT留学、アパレル企業でプロダクションインターンシップをしました!NY留学をしたい人、ファッション留学をしたい人、サステナブルファッション・エシカルファッションに興味がある人は力になれるかと思います♪

最終更新日:2019年10月29日

NYでサステナブルファッションの専門家に

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ファッション工科大学、サティフィケイトプログラム、Sustainable Design Entrepreneur
  • アメリカ合衆国
  • ニューヨーク
留学期間:
13ヵ月
総費用:
3,500,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 2,930,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル<TOEIC 685> 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル<TOEIC 900>

留学内容

ファッションの中心地ニューヨークで、サステナブルファッションの専門的知識とファッション業界の流れを学ぶために留学しました。留学の主な活動内容は3つ。①ビジネス英語習得のため語学学校に通学 ②サステナブルファッション知識習得のためファッション工科大学に通学 ③アパレル業界を知るためアパレルブランドでインターンシップ 3項目を1年間同時進行で活動していました。結果的に、サステナブルファッションやアパレル業界でのネットワークを形成できたと同時に、世界のサステナビリティへの動きや、プロダクションの流れを学ぶことができました。

留学の動機

元々東南アジアでの国際協力をすることが目標だった私ですが、その方法に悩んでいました。そんな時、日本やその他先進国の進んだ知識や技術を、途上国に適応することが有効なのではないかという考えに至りました。そこで、専門的にサステナブルファッションが学べるニューヨークのファッション工科大学で日本に普及していない知識を学習したいと思い留学を決意しました。

成果

普通の交換留学と違って留学生が少ない、ローカルな環境下にいたことで、自分自身に挑戦をする機会が多かったです。初めは居心地が悪くても、できることを増やせば自信になることを知りました。また、アパレル業界へのネットワークを作れたので将来に活かしていきたいです。

ついた力

挑戦、克服、自信を持つ力

ローカルな人達の中で学び、働く中で、自分自身に毎日挑戦を与えていました。一つずつ苦手や嫌な環境を乗り越えていったことで、自分に自信が持てるようになりました。また、多様性を大事にするニューヨークで過ごしたことで、自分のことを好きになることが少しできるようになったと思います。

今後の展望

まずは、アパレル関係の仕事で、留学で得た知識や経験をアウトプットしていきます。最終的には、ファッション工科大学やインターンシップでの経験を活かして、自分でサステナブルファッションのブランドを立ち上げたいと思っています。世界で通用するサステナブルファッションの専門家になります!

留学スケジュール

2017年
5月~
2018年
4月

アメリカ合衆国(ニューヨーク)

①ビジネス英語習得のため語学学校に通学、12ヵ月
ビジネス英語クラスで、ビジネス英語について学びました。具体的な内容は、マーケティングを考えたり、投資について勉強したり、商品プレゼンテーションを行ったりと実際のビジネスシーンをイメージした内容でした。クラスメイトは世界中の社会人がほとんどで、学外でも遊ぶほど仲良くなれました。語学力は、TOEIC685から900に上がりました。

費用詳細

学費:納入総額

900,000 円

住居費:月額

75,500 円

生活費:月額

84,500 円

クラスメイトと
自作の衣装でハロウィンへ
費用詳細

学費:納入総額

900,000 円

住居費:月額

75,500 円

生活費:月額

84,500 円

2017年
5月~
2018年
3月

アメリカ合衆国(ニューヨーク)

②アパレル企業のプロダクションインターン、10ヵ月
ニューヨーク発ブランドのSteven Alan本社でプロダクションインターンを実施。主に、工場とのやり取りや、装飾品の管理、テックパックやイメージボード作成のアシスタントをしました。デザイン~プロダクションチームの距離が近かったため幅広い仕事を手伝うことができました。アパレル生産の流れを把握する良い機会になりました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

インターン先の仲間と
サンプルセールの様子
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2017年
6月~
2018年
5月

アメリカ合衆国(ニューヨーク)

③サステナブルファッションビジネスの資格取得、12ヵ月
ニューヨークの名門ファッション大学であるファッション工科大学にて、サティフィケイトコースを受講。サステナブルファッションビジネスについて勉強しました。起業家として活躍する講師や、ファッション業界で働く社会人に囲まれて学んでいました。ディスカッションやプレゼンテーションを通して、英語に自信を持てるようになったと同時に、ネットワークが形成できた貴重な留学でした。

費用詳細

学費:納入総額

200,000 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

プレゼンテーションの様子
クラスメイトと
費用詳細

学費:納入総額

200,000 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

留学中にやってしまった、私の失敗談

留学3カ月目のある日、奨学金が振り込まれた日だったので、いつものようにATMで引き出すため銀行にいきました。金額入力をして、手続きをしている最中に急にATMにエラーが!カードだけ出てきてお金が出てこない状態になりました。もう一度カードを入れて同じ行為をしたら「残高が足りません」の表示が。なんとATMから残高が引かれたまま、機械内のお金が足りなかったためエラーが起きたのです。しかも当時私はキャッシュパスポートを利用していたので、銀行員にかけつけても何の確認もしてくれなかったのです。結局アメリカの銀行では融通が利かず、1カ月奨学金なしで生活をしました。日本のサービスの凄さと強気でいく大切さと知った出来事でした。

忘れもしない。この写真の直後に事件が…

便利な現地日系掲示板

  • 留学先探し : インターンシップ

実は、トビタテの2次試験2週間前に、決まっていたインターンシップ先に行けないことに。慌ててインターン先を探さなければと知っている企業に直接メールをしたりしていました。そんな時に見つけたのが、ニューヨークの日本人用生活掲示板。求人項目があり、日本人が働いている企業で様々ジャンルを選べるので、効率的にファッションインターンシップを探すことができました。結果的に本目玉だったアパレルオフィスでのインターンを見つけることができました!
日本人向けの掲示板は、インターンだけでなく住居探しにも役立つのでおすすめです。

これから留学へ行く人へのメッセージ

日本からトビタツことは、自分の人生を変えます!知らなかった世界が見えるかもしれない。ずっと悩んでた答えが意外なところに見つかるかもしれない。日本のことをもっと好きになるかもしれない。だから、思いっきりオープンマインドで世界を見てきてください!