留学大図鑑

キーくん

出身・在学高校:
山口県立山口高等学校 普通科
出身・在学校:
熊本大学
出身・在学学部学科:
文学部文学科欧米言語コース独語独文学
在籍企業・組織:

先輩の近況をリアルタイムでチェック!

森の幼稚園に興味のある方、ぜひご連絡ください!

森の幼稚園の本場ドイツで、1年間の実習!

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ヴァルツヴェルゲ森の幼稚園(Waldzwerge Waldkindergarten)
  • ドイツ
  • ケルン
留学期間:
12か月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,920,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
ドイツ語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル

留学内容

私の留学のテーマは、「子ども達が『イキイキと遊び、逞しく育つ』教育方法を、ドイツの森の幼稚園で1年間の実習を通じて学ぶ!」です。そのために、交換留学先のボン大学で教育学を重点的に学びながら、ヴァルツヴェルゲ森の幼稚園で1年間のインターンシップを行いました。

留学の動機

きっかけは、2014年のドイツ短期留学です。そこで私は森の幼稚園の実習生として1日を過ごし、「森という開放的な空間で、子ども達が自分でやりたいことを決めてイキイキ遊ぶ姿と、子ども達が挑戦を繰り返しながら逞しく育つ姿」に大きな感銘を受けました。私はその実習以来、1日だけでは学びきれなかった森の幼稚園の1年間の教育方法を体験したいという思いを持ちました。

成果

留学の成果は、「森の幼稚園の教育方法を『体感』できた」ことです。書籍や動画などで得られる【知識】としてではなく、実際に森の幼稚園の現場に飛び込んで継続的にかかわったからこそ得られる【経験】として、多くのことを学びました。特に、私の留学のテーマである「子ども達がイキイキと遊び、逞しく育つ」過程を1年間かけて見つめ続けられたことは大きな成果です。

ついた力

「イキイキと遊び、逞しく育つ」力

子ども達は森の幼稚園を通じて、自分がやりたいことにとことん熱中し、失敗しても気の済むまで何度も挑戦を繰り返す姿を見せてくれます。そのようにして「イキイキと遊び、逞しく育つ」子ども達と日々接することで、私自身が「イキイキと遊び、逞しく育つ」ことの素晴らしさを子ども達から教わりました。

今後の展望

実習期間が終わりに近づくにつれて、あることを思うようになりました。それは、「子ども達が入園してから卒園するまでの成長を見たい」というものです。今回の留学を通じて森の幼稚園の教育方法を学んだ私は、森の幼稚園が「子ども達にとっての最高のおもちゃ箱」であると確信しました。いつ実現するかは分かりませんが、「今度はその教育を受けた子ども達がどう成長して卒園するのかを自分の目で見てみたい」と思っています。

留学スケジュール

2017年
4月?
2018年
3月

ドイツ(ボン)

ボン大学の日本学科に交換留学をした。前期では、日本学科とドイツ語の講義を受講したり、日本語の講義のアシスタントを行ったりした。特にアシスタント
では初級・中級・上級クラスの講義に関わることができ、日本の大学における第二外国語の学び方との違いを知ることが出来た。それはすなはち、どのレベルの講義も主に会話練習が中心になっており、文法は宿題として自宅で学習する形式をとっていることである。後期では、教育学や政治学の授業に参加した。どちらの授業も講義形式であったが、先生が話している時に学生が手を挙げて、積極的に質問している点に日本の大学との違いを見ることが出来た。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

360,000 円

生活費:月額

960,000 円

ボン大学本館前。昔は宮殿として使われていた。
日本語の講義の様子。アニメが好きな人が多かった。
イースターを体験。ドイツ人チューターの家で、たまごに色塗り。
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

360,000 円

生活費:月額

960,000 円

2017年
4月?
2018年
3月

ドイツ(ケルン)

<ヴァルツヴェルゲ森の幼稚園の1日の流れ>①7:55~8:00:先生方だけの朝の会 ②8:00~8:40:子ども達が登園 ③8:40~9:00:朝の会 ④9:00~10:00:自由遊び ⑤10:00:朝ごはん ⑥~13:30:自由遊び(13:00~13:30:第1次お迎えタイム) ⑦13:30:昼ごはん ⑧~14:45:自由遊び ⑨14:45~15:00:読み聞かせと後片付け ⑩15:00~15:10:第2次お迎えタイム、森の幼稚園終了

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ヴァルツヴェルゲ森の幼稚園の全体図。
演奏会①トビタテ生が日本の四季の曲を紹介してくれました
演奏会②トビタテ生が日本の曲を素敵な歌声で披露してくれました
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

<ヴァルツヴェルゲ森の幼稚園で出会った先生方、保護者の方々、そして子ども達>この1年間で大好きになりました。いろんな場所に行って、いろんな時間を過ごして、いろんな遊びをした思い出を振り返ると、まさに夢の中にいるような感覚で、夢中になって活動していたことに気づきます。このヴァルツヴェルゲ森の幼稚園で過ごした時間と皆さんが私に与えて下さった「愛」は、私にとって永遠の宝物です。ヴァルツヴェルゲ森の幼稚園で実習できて、本当に良かったです。是非また会いたいです!

8は「再会」を意味する番号だと教えて頂きました。
子ども達のサインが入ったサッカーボール。
子ども達が私の為に書いてくれた絵が綴じられています。

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

<9ヶ月間で27回も通った行きつけのレストラン Lenné Snack >ここのシュニッツェル(子牛のカツレツ)を食べると元気が湧いてきます。それに店員さんの接客もドイツでは珍しく(?)とてもフレンドリーで、居心地がいいです。私にとって初めての長期留学ということで心配なこともあったのですが、Lenné Snackという安心できる、自分の居場所みたいなところを見つけられたおかげで、精神的にとても楽になりました。

シュニッツェルのページ。実際は9,9ユーロで食べれます。
帰国前最後のシュニッツェル。これを通算5回も食べました。
店長さんの笑顔がステキすぎる。プレゼントを渡しました。

感謝してもしきれない、お世話になった・大好きな人

<留学中に出会ったトビタテ生>留学を通じてたくさんのトビタテ生と出会いました。ドイツ国内またはドイツ国外からはるばるボンへ遊びに来てくれたトビタテ生、実習先の森の幼稚園を見学したり、一緒に音楽会を開催してくれたりしたトビタテ生、ドイツの伝統行事(オクトーバーフェスト、クリスマスマーケット、カーニバル等)を一緒に体験したトビタテ生、ヤドカリをさせてくれたトビタテ生、同じ場所で一緒に留学したトビタテ生など、全ての出会いが自分にとって大切なものでした。トビタテ生として留学して、彼らに出会うことできて本当に良かったです!

トビタテ生と世界最大のビール祭りオクトーバーフェストへ。
デンマークで行われたトビタテ北欧会。
トビタテ生とのご縁で、スウェーデンでの保育研修に参加。

「すきま時間」を活用して、リスニング力UP!

  • 語学力 : その他の言語

私の問題は、「ドイツ人の会話が速すぎて、聞き取れない」でした。それに対する自分なりの解決方法は、「すきま時間にリスニング教材のCDを聞く」ことでした。すきま時間は結構見つけるとが出来ます。私の場合は、寮から大学までの移動時間(約5分)、寮から実習先までの移動時間(約90分)、一人でご飯を食べている時間に必ずリスニングをするように心がけていました。結果として3か月頃から、完璧ではないにしても、大体の意味合いは聞きとれるようになりました!

留学前にやっておけばよかったこと

語学力(特にリスニングとスピーキング)の向上

留学を勧める・勧めない理由

留学は「手段」だと私は思っています。もし自分のやりたいことを実現するために、留学という手段が必要不可欠ならば、留学に挑戦する方が良いと思います!まだ留学をして何をしたいかが決まっていない人に対しては、手段が目的になってしまわないようにするために、私は留学を勧めません。

これから留学へ行く人へのメッセージ

パスポートと留学を楽しむ心を忘れないように!健康と安全に気を付けて、留学を楽しみ尽くしてください!