留学大図鑑

最終更新日:2018年07月30日

金沢の姉妹都市ゲントでインバウンド留学!

留学テーマ・分野:
大学生:交換・認定留学(日本の大学に在籍しながら現地単位取得を伴う留学)
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • ゲント大学
  • ベルギー
  • ゲント
留学期間:
10か月
総費用:
900,000円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 1,600,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル 授業や会議の内容が理解でき、必要な発言ができるレベル

留学内容

ゲント大学のArts&Philosophyに交換留学し、主に英語や英語圏の歴史や文化を学ぶ授業を履修していました。ゲント大学の日本語学部の学生が所属する学生団体「友の会」にはとてもお世話になり、一緒に勉強を教え合ったり一緒に遊んだりして交流を深めました。彼らとの交流を通じて、外国人が日本のどんなところに興味関心を持っているかや、西洋との文化・価値観の違いを学びました。また、ゲント市役所で、金沢とゲントのこれまでの交流活動をPRしたり、ゲント市街を金沢から短期で訪れた学生に案内したり、ゲント市中心部の教会群を普及・保全する団体のオフィシャルフライヤーを英語から日本語に翻訳したりするインターンシップを行っていました。

留学の動機

過疎化が進む地元石川県を救うには、外から人を呼び込むしかないと考え、金沢と姉妹都市で人脈のあるベルギー・ゲント市に留学して、ゲント市役所の観光課でインターンシップを行う計画を立てました。外国人が日本のどんなところに興味関心を持っているか、また西洋の文化や日本との価値観の違いを学ぶため、ゲント大学の日本語学部の学生団体「友の会」との交流を通じて、互いの文化を教え合いたいと考えました。

成果

ゲント市役所では、金沢とゲントのこれまでの交流活動をPRしたり、ゲント市街を金沢から短期で訪れた学生に案内したり、ゲント市中心部の教会群を普及・保全する団体のオフィシャルフライヤーを英語から日本語に翻訳したりするインターンシップを行っていました。キリスト教や聖書の知識が必須な翻訳は骨が折れましたが、いかにわかりやすい日本語に直すか取り組む過程はとても面白く、自分に合っているなと感じました。

ついた力

国際人力

留学で身についた力は「国際人力」です。留学先の文化を学ぶことで、二つの異なる文化を身につけられ、物事を異なる側面から見ることができるようになります。日本で当たり前と思っていたことが海外では普通ではなく、その時々によって日本と海外のどちらか良いと思える方の価値観を採用できるようになります。日本で生きづらさを感じていたことも。海外の視点を取り入れることで解決することもとても多いです。

今後の展望

帰国後は、これまでの経験を生かし、地元石川県のインバウンド向上のため、県内の観光業界の外国人受け入れ態勢を調査するインターンシップを輪島市で行います。

留学スケジュール

2017年
9月~
2018年
6月

ベルギー(ゲント)

ゲント大学のArts&Philosophyに交換留学し、主に英語や英語圏の歴史や文化を学ぶ授業を履修していました。ゲント大学の日本語学部の学生が所属する学生団体「友の会」にはとてもお世話になり、一緒に勉強を教え合ったり一緒に遊んだりして交流を深めました。彼らとの交流を通じて、外国人が日本のどんなところに興味関心を持っているかや、西洋との文化・価値観の違いを学びました。また、ゲント市役所で、金沢とゲントのこれまでの交流活動をPRしたり、ゲント市街を金沢から短期で訪れた学生に案内したり、ゲント市中心部の教会群を普及・保全する団体のオフィシャルフライヤーを英語から日本語に翻訳したりするインターンシップを行っていました。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

ゲント市内を金沢大学の学生に案内した時の集合写真
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

ココでしか得られなかった、貴重な学び

ゲント大学に留学していた他の日本人と友の会のメンバーとともに、日本の祭りをベルギー・ゲントの街中に再現して、ゲントの市民の皆さんに楽しんでもらおうというイベント「MATSURI JAPAN」に日本人スタッフとして参加しました。企画の段階ではスケジュールやコスト、利益が上がるかなど課題はたくさんありましたが、当日はたくさんの方が来場され、日本食ブースやステージパフォーマンスを楽しんでいただきました。企画の段階ではスケジュールやコスト、利益が上がるかなど課題はたくさんありましたが、当日はたくさんの方が来場され、日本食ブースやステージパフォーマンスを楽しんでいただきました。私はおにぎりのブースを担当しましたが、値段が他のブースに比べて安めだったからかお客さんが殺到し、常に米炊きとおにぎり作りに追われる戦場のような状態でした。他の縁日ブースを担当した日本人の友人が、「ゲントに住むの日本人のお母さんに、子供たちが喜んでいるのを見て嬉しい、なかなか日本の文化を体験させる機会がないのでこのようなイベントを開いてくれて本当にありがとう」と感謝され、感動したと話していたのが印象的でした。

MATSURI JAPANのアフターパーティーにて

初めての海外アパート探しは難易度MAX

  • 住まい探し : 一人暮らし

寮に入ることができればそれで問題ありませんが、絶対に入れるわけではありません(私は抽選で落ちました)。その場合、自力で住む場所を確保しなければならなくなります。私は寮に落ちたとわかった7月中旬からインターネットでアパートを探し始めました。ゲント大学のホームページにもいくつかリンクが貼ってありますが、基本的に大学は手伝ってくれません。私はKotatgent.be(https://kot.gent.be)というサイトを使って最終的にアパートを決めました。事前に見に行くことができないので日本からのアパート探しは困難を極めます。ゲントで出会った日本人の中には着いてからホステル暮らしで家を探し始めた猛者もいました。いい部屋が見つかるかどうかは運ですが、安全面からも周辺環境はチェックした方がいいと思います。

これから留学へ行く人へのメッセージ

ベルギー・ゲントはオランダ語圏ですが、ほとんどの場面で英語が通じますし、多くの授業が英語で受講可能で、そのレベルは非常に高く刺激が多い環境です。首都ブリュセルにはEU本部も置かれ、国際機関やインターナショナルな国に興味のある人に最適なベルギー、そしてベルギー第三の都市で住みやすく、観光地としても有名な美しい街ゲントで、学びの多い留学生活を送ってみませんか。