留学大図鑑

まっちゃん

出身・在学高校:
兵庫県立西宮高等学校
出身・在学校:
大分大学
出身・在学学部学科:
経済学部
在籍企業・組織:

最終更新日:2018年04月09日

大分県を訪れる外国人観光客の増加

留学テーマ・分野:
海外インターンシップ
留学先(所属・専攻 / 国 / 都市):
  • MATES.AirXpress(カンボジア)、Himalayan Activities(ネパール)
  • カンボジア・ネパール
  • プノンペン、カトマンズ
留学期間:
5か月
総費用:
- 円 ・ 奨学金あり
  • トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」 600,000円

語学力:

言語 留学前 留学後
英語 挨拶など基本的な会話ができるレベル 生活に困らない程度の日常会話ができるレベル

留学内容

大分県の外国人登山客を増加させるという留学計画と、より多くの人と出会うという個人的な目標を実行するために、カンボジアとネパールで留学を行った。
この計画のために、観光関連の会社にてインターンシップを実施、ノウハウを学ぶことができた。
また、大分大学で実施されている「ミニトビタテ」という、トビタテ生増加を目的とした研修旅行にも留学中に並行して参画した。これをエヴァンジェリスト(伝道師)活動の第一歩と位置づけており、今後もその活動をさらに盛んに行っていく。

留学の動機

ミニトビタテ海外研修での参加で、カンボジアにいる魅力的な会社やその社長と出会ったこと、トビタテ留学JAPANへの興味がわいたことが動機。大学の登山の部活で部長をしていたこともあり、登山関連の留学計画を立てた。また、就職活動など、将来のことを考えないといけない時期に差し掛かっていたが、その前にさまざまな経験を積みたいと考えたことも同期のひとつ。

成果

留学前までにつけていた、リーダーシップや主体性、行動力を発揮しつつそれらの能力向上もできた。また、インターンシップでの業務を通して、観光業や映像作成等の知識やスキルを身に着けることができた。

ついた力

あきらめない力

インターンシップでの業務で一度挫折を味わったが、そこからインターンシップ期間を延長して、プロジェクトを完遂することを自分で決めて、終わらせることができた。簡単な道と難しい道があるときに、後者を選ぶという経験をまた一つ積むことができ、どんな状況からでも這い上がることができるのだと、自信を持つことができた。

今後の展望

在籍する大分大学の留学機運の醸成と、大分大学生が自尊心を持つことを目標としている。
大分大学旦野原キャンパスブランドマネージャーとして、トビタテ生、留学生の増加に向けた取り組みを、所属する学生団体と協力して行っていく。
大分大学が第一志望だった人もそうでなかった人も、ここへ来てよかった、ここにもこんな素晴らしい経験のチャンスが転がっている、と思えるように活動していく。

留学スケジュール

2017年
9月~
2018年
11月

カンボジア(プノンペン)

民泊関連の会社と、広告事業等を展開している会社でインターンシップを実施。
外国人の従業員を率いてリーダーシップを発揮している社長との出会いが最も刺激的だった。
また、どんなに忙しくても人からのお誘いは断らないということを自分の行動指針としていたため、本当に多くの人たちから、様々な価値観を得ることができた。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

田舎の生活を経験
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

2017年
12月~
2018年
1月

ネパール(カトマンズ)

登山のツアー会社でインターンシップを実施。また、ヒマラヤ山脈でのトレッキングをとおして、大分県の山に眠る課題を見つけることにも取り組んだ。

費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

エベレストをバックに
費用詳細

学費:納入総額

- 円

住居費:月額

- 円

生活費:月額

- 円

スペシャルエピソード

あなたにとって留学とは?

日本では、いち学生としてしか見られない立場だが、海外ではインターンをしているというだけで興味を持ってくれる。それにより、日本にいては出会うことのできないような人たちに実際にお会いし、さまざまな話をし、自分の将来設計に役立てることができる。これは日本国内にいてはなかなか実現することができないことであり、海外にいくからこそ体験できたことだった。特に発展途上の国々では学生への注目度は高いように感じる。

インターン仲間と、海外インターンについて語った時の写真

インターン先の確保

  • 留学先探し : インターンシップ

インターンシップ受け入れをお願いするときに送ったメールでは、自分の留学計画だけでなく、自分の熱意をいかにして伝えるかということに工夫を凝らした。留学計画を立ててはいるが、それ以上に自分はこんなことをあなたの国、あなたの会社で学びたいんだ!ということが伝わり、受け入れ先の確保は比較的容易にすることができた。

留学前にやっておけばよかったこと

現地の言語の学習。

留学を勧める・勧めない理由

将来の選択の幅を広げること、可能性を開拓することにつながるので、一度行ってみてほしい。そのための手段としてトビタテがある、ということを頭の片隅に置いておいてほしい。

これから留学へ行く人へのメッセージ

日本では考えられないような経験を積むことができる可能性が、海外には転がっています。
「行けば何か変わる」というのは甘い考えですが、行かなければ変われない領域もあなたの中には眠っています。
Think Global, Act Local. これを実現できる人材になるにはまずはGlobalに身を投じることです。
楽しんできてください!