01

検討から進学までの
スケジュール ※これは、あくまでモデルスケジュールであるため、このとおり進めなくても問題はありません

大学1年生

大学院留学を選択肢のひとつとして卒業後のキャリアを考え始める。
各国の教育制度や海外の大学院の情報を集め、また進学に必要な大学の成績(GPA)等を意識しておく。

  • 大学留学フェアへの参加や、留学カウンセリングを受けて、必要な英語力や学力、予算等を確認する
    ※入学基準
    トップスクールの場合: GPA3.5以上(成績)、TOEFL100/IELTS7.0以上目安
    中堅校の場合: GPA3.0以上(成績)、TOEFL80/IELTS6.5以上目安

大学1~2年生

進学先の優先項目(国、地域、専攻など)を絞り、必要な英語力等を確認し、計画的に準備を始める。

  • 留学実現のための準備計画の作成
  • 英語テスト(TOEFL/IELTS)や学力テスト(アメリカの場合、GRE)の受験対策の開始

大学3年生

集めた情報から志望大学のリストを作成する。

  • 入学要件やカリキュラムについて確認する
    ※学部の専攻との関連性が求められる場合もあるので要注意
  • 大学担当者が来日するフェアやセミナーに参加し、志望する専門分野の研究力等の情報を収集
  • 各大学のサイト等の情報を確認し、志望大学リストを作成

大学4年生
前半

志望大学の必要書類や出願締め切り日を確認し、必要であれば面接対策をする。

  • 大学院毎に異なる出願書類の用意(英語スコア、エッセイ、推薦状等)
  • 担当教授等へ推薦状の作成を依頼する
  • 一般的にトップ校、人気校ほど出願の締め切りが早いので早めにアクションを起こす
  • 面接(インタビュー)を課している場合もあるので対策をしておく

大学4年生
後半~卒業後

秋から春にかけて出願を完了し、その後に合格通知を受領する。

  • 審査に時間がかかる大学もあるので遅い場合には大学に問い合わせが必要

必要に応じてサマースクールなどを手配し、併せて入学手続き、渡航手続き、入学準備を行う。

  • 留学開始後に必要な英会話やエッセイ、発表等に必要なアカデミック英語の修得を開始する

卒業後

出発~到着

  • 留学生オリエンテーションに参加し、生活のセットアップを始める
  • ファウンデーション・コースから開始する場合は、大学院入学まで授業対策に専念する
02

先輩留学生の体験談
教員からのアドバイス

どんなことも学びになり、
成長につながる!

マンチェスター大学 在学中

太田光海さん

太田光海さん
神戸大学卒業

目指す分野を専門的に学べる機関が日本になかったので渡英しました。国際色豊かな現在の大学院では、国内にとどまっていては触れることのできなかった多角的な考え方が身につき、学問的な能力が研ぎ澄まされるだけでなく、人間的な成長も実感しています。苦労もあり「手軽」ではないけれど「本物」と言える挑戦だと思います。

全文を読む

世界中の頭脳から
刺激を受けています。

マサチューセッツ工科大学 在学中

市川早紀さん

市川早紀さん
東京大学卒業

専門分野は有機金属化学・有機合成化学。現在は銅触媒による不斉ヒドロ官能基化反応の開発に取り組んでいます。渡米当初は生活環境の変化と大学院生活の両立が大変でしたが、周囲の協力により克服できました。世界中の一流研究者の方々と交流する機会にも恵まれ、刺激的で充実した研究環境のもと、研究に邁進しています。

全文を読む

たいへんだけど
価値ある挑戦になる!

カリフォルニア大学バークレー校で学位取得

宇野裕美さん

宇野裕美さん
京都大学生態学研究センター
特定准教授

留学時は大学内にとどまらず、積極的に国際学会にも参加し、広範なネットワークを作ることができました。また、大学運営やプロジェクト研究の進め方も学べ、学部教育にも関わることができました。専門分野の深化は言うまでもなく、このような幅広く貴重な経験が現在の職務にとても役立っていることを実感しています。

全文を読む

海外留学を経験すると
世界観も変わります!

コロンビア大学 在学中

マリさん
コロンビア大学卒業

熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)における、抗マラリア薬耐性の機序や宿主-寄生虫相互作用を研究しています。豊富な資金や充実した施設、該当分野を研究する教授の多さ等からアメリカの大学院を進学先として選択しました。授業と研究の両立は大変ではありますが、様々なバックグラウンドを持つ同学年の学生と助け合って日々頑張っています。

全文を読む
小尾晋之介教授
 慶應義塾大学理工学部
その年月がきっと未来を大きく変えます。
自らの先行を深めることは重要です。しかし、同時に、外国で生活する。観光旅行ではわからない現地の価値観に触れる。その上で日本を外から見直す。これらは、これからの社会を作る人たちが若いうちに経験しておくべきことです。頭が固くならないうちに、外の空気にふれてみましょう。いろいろ考えるのはそれからです。
03

海外大学進学のための
奨学金

入学金や授業料、生活費をサポートする奨学金があります 海外留学支援制度(大学院学位取得型)
(国費による支援・・・(独)日本学生支援機構による海外留学支援制度)
対象者
  • 「修士」の学位取得を目的とする者: 35才未満
  • 「博士」の学位取得を目的とする者: 40才未満
  • 日本の大学等を卒業し、学士の学位を取得若しくは取得見込みの者、又は海外の高等教育
    機関において、日本の「学士」に相当する学位を取得、若しくは取得見込みの者
支援内容

最大総額
430万円/年を
支給返還不要

奨学金月額89,000円〜
148,000円
 
※留学先の国、地域により異なります。

授業料:年間250万円を上限とする実費 
※支援額は、政府予算の成立状況等により変更する場合があります。

支援期間 修士の学位を取得するコースは2年、博士の学位を取得するコースは原則3年を限度
採用人数 約100名
※予算状況により変更される場合があります

※詳細は以下の(独)日本学生支援機構ウェブサイトより最新の募集要項を確認ください。

海外留学支援制度(大学院学位取得型)について
詳しくはこちらをご覧ください。

他にも、さまざまな団体や企業が提供する多種多様な奨学金があります。
また、海外の大学進学に役立つ情報や各種説明会も紹介しています。

04

海外留学相談ホットライン

海外留学相談ホットライン<メールによる無料相談>

海外留学相談ホットラインは、大学生・社会人の皆さまを対象に、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が提供する無料の留学相談サービスです。経験豊富な留学カウンセラーが留学の疑問や不安にお答えします。

オンライン相談

以下の専用のフォームから相談内容を入力してください。通常、2営業日程度で回答をメールにてご返信します。

  • ※土日祝祭日は営業していません。
  • ※スムーズに対応させていただくため、まずは専用フォームから相談内容を入力してください。内容を確認した後、メールでの対応となります。
  • ※ご質問の内容によっては即答できない場合があります。

こんな質問ができます!こんな質問ができます!

  • 求められる英語力や学力
  • 留学までのスケジュール
  • 日本の大学院との違い
  • 大学院選びのポイント
  • アルバイト
  • 大学ですべき準備
  • GRE対策
  • IELTS、TOEFLの違い
  • 事前語学研修
  • 費用
  • 病気になった時
  • 奨学金
  • 出願方法と必要書類
  • 卒業の難易度
  • 学生寮など滞在方法の選択肢
  • 治安
  • 留学生向け保険
  • 留学生の就職

相談員プロフィール

野尻 嘉津子(JAOS認定留学カウンセラー)
一般社団法人 海外留学協議会(JAOS)所属
アメリカ留学経験、旅行会社勤務経験を経て、約30年来留学カウンセラーとしてたくさんの留学生の相談と送り出しを経験。様々な国での学校視察などを生かして、語学、進学など幅広い相談に対応。
※野尻以外の留学カウンセラーが対応する場合があります。
05

GRE®TESTについて

アメリカやカナダの大学院を受験する方は、多くの場合、出願書類と一緒に GRE®TEST(Graduate Record Examination)のスコアも提出しなければなりません。GRE®TESTは英語が母国語の大学卒の受験生を対象とするテストであり、高得点を取ることが難しいと言われています。

GRE®TESTには、GeneralテストとSubjectテストがあり、Generalテストは、Verbal Reasoning(以下 Verbal)、Quantitative Reasoning(以下、Math)、Analytical Writingで構成されています。なおSubjectテストは、大学院の専攻分野によっては受験を要求されます。
※ GRE®TESTは、Educational Testing Service(ETS)の登録商標です。

そこで、文部科学省における「日本人の海外留学促進事業」を一部受託した団体(一般社団法人海外留学協議会(JAOS))の正会員である株式会社アゴス・ジャパンが提供する「GRE®TEST対策特別パッケージ」の受講者を募集します(※上限50名)。なお、当該事業からも費用負担の補助をするため、通常価格よりも費用を大幅に抑えて受講することができます。
パッケージの内容については、以下の【株式会社アゴス・ジャパン「GRE®TEST対策特別パッケージ」】の説明をご覧ください。

また、受講料、受講要件及び受講までの流れは以下のとおりです。

受講料 64,800円(税込)
※通常価格:約24万円
受講要件
  1. 日本国籍を持ち、現在、日本の大学に在籍する学部学生で、海外大学院への進学を希望する方
  2. TOEFL iBT(72以上)、TOEFL PBT(533以上)、TOEFL CBT(200以上)、IELTS(5.5以上)、TOEIC(680以上)※ただし、2年以内に受験したものに限る
受講までの流れ
  1. 以下の「受講申請フォーム」をクリックし、必要事項を記入します。
  2. 受講要件を満たすTOEFL iBT等のスコア及び本人確認のできるもの(学生証の写し等)をアップロードします。
  3. 記入内容に誤りがなければ、申請します。
  4. 要件を満たしていれば、確認が取れ次第、メールにて受講登録に必要な「プロモーションコード」の通知があります。
  5. アゴス・ジャパンのウェブサイトより4のプロモーションコードを含め、必要事項の入力を行い、受講料を支払った後に受講開始となります。
募集時期 募集時期は、大学を通して通知します
注意事項 上限の50名に達した時点で募集を締め切ります
受講者の方については、海外大学院への進学状況のフォローアップ調査へ協力いただきます

株式会社アゴス・ジャパン
「GRE®TEST対策特別パッケージ」

GRE®TESTで高得点を達成するためには、「GRE®TESTで要求される英語力」、「GRE®TEST問題に解答するためのテクニック」そして「高得点をあげるための戦略」を理解し、身につけることが必要です。
GRE®TEST対策特別パッケージは、Verbal、Math、Analytical Writingの全セクションを効率よく学ぶことができるビデオ講座です。受講期間中は、講師に質問することもできます。

Verbal Strategy
ビデオ講座
問題タイプ別の解法アプローチ、攻略法を学ぶことができます。
GMAT/GRE Math Foundation
ビデオ講座
数学対策で必須の基本事項カバーし、問題を解きながら復習することができます。
Analytical Writing Strategy
ビデオ講座
問題タイプ別の施行プロセス、段落構成のテクニックを短期間で学ぶことができます。

募集開始は各大学を通してお知らせします

06

海外の大学院進学のための説明会について

文部科学省で実施する委託事業「日本人の海外留学促進事業」の一環で、大学生が進路の選択肢として海外の大学院への進学を検討する上で参考となる情報を提供するため、海外の大学院への進学に関心を持つ学生を対象として、関係各大学において説明会の実施を予定しております。

なお、同説明会は、「日本人の海外留学促進事業」を一部受託した団体(一般社団法人海外留学協議会(JAOS))が実施することとなりますが、開催大学や開催日時等の情報は、以下の「開催情報はコチラ」をクリックしてください。
※開催情報は、随時更新されます。

また、当該説明会は広く公開されているものですので、興味・関心のある方はぜひ参加してください。

07

公的機関等による海外留学イベント

(独)日本学生支援機構(JASSO)では、海外留学に関するイベント・説明会を主催し、また、他の公的団体が主催するイベント・説明会に参加・協力を行っています。
海外留学に関するイベント・説明会・フェアの情報はこちらをご覧ください。

08

「国際学会等参加補助企画」
希望者の募集

海外の大学院への進学の促進を図るため、海外で開催される国際学会へ参加し、将来の指導教員とディスカッションを行う学生に対し補助を行います。

募集要項等

以下からダウンロードしてください。

「募集要項」
「(別添)指定都市・甲地域・乙地域・丙地域における国及び都市一覧」

応募資格
  1. 日本の国籍を持つ者
  2. 日本の大学に在籍する学部学生及び大学院生(修士課程)で、海外の大学院への進学を希望する者
  3. 自身の研究分野に関する国際学会に参加し、指導を希望する教員に対しアプローチすることができる者
    (希望する教員に対して、事前にコンタクトを取っていることが望ましい)
  4. 国際学会の参加後にレポートを作成し、指定された期日までに提出することができる者
  5. 進路についてのフォローアップ調査に協力できる者
  6. 進学先が確定した際に文部科学省に対して、報告できる者
語学能力
応募時点で、以下の検定試験のいずれかで所定のスコアを取得していること。
TOEFL iBT(72以上)、IELTS(5.5以上)、TOEIC(680以上)
※ただし、2年以内に受験したものに限る。
対象期間
2019年1月から2019年3月31日までの間に海外で開催される国際学会へ参加すること。ただし、2019年3月31日までに必ず帰国していること。
対象となる国際学会の条件
対象となる国際学会は、海外で開催されるものであり、且つ、特定の主題について、研究者が講演、研究発表、討論等を行うことを目的とするものであること。
支援内容
上限額を30万円として、航空券代及び宿泊費を支援する。
※詳細は、募集要項を確認してください。
選考基準
申請のあった者について、提出書類を元に選考委員会の審査によって採用者を決定する。
  1. 申請のあった者のうち学部学生と大学院生については、学部学生を優先し、採用する。
  2. 理系分野を優先し、採用する。
  3. 提出書類をもとに、語学能力、及び海外大学院進学の実現性や将来性等を総合的に評価する
募集人員
10名程度
提出書類及び提出方法
  • 1.提出書類
    ・研究計画書
    ・学会参加・キャリアパス計画書
    ・参加希望学会の概要資料
    ・各語学試験のスコア(TOEFL、IELTS、TOEIC)
    ※「研究計画書」、「学会参加・キャリアパス計画書」については、様式を以下からダウンロードしてください。
    「研究計画書」
    「学会参加・キャリアパス計画書」
    ※アップロードする各書類については、ファイル名に「氏名」、「在籍大学名」を入れてください。
  • 2.提出方法
    以下のボタンから専用フォームを開き、必要事項を入力の上、提出してください
  • 3.提出期限
    2018年12月5日(水)17時
結果通知
2018年12月中旬を目処に、申請書に記載のあるメールアドレスへ採否の通知を行います。
注意事項
  1. 国際学会への参加の定義としては、実際に学会の中での発表することが望ましい。
  2. 参加後に提出するレポートについては、当該事業の成果物としてウェブサイト等で公表する予定ですので、あらかじめ御了承ください。
  3. 採用者においては、進学の状況等についてのフォローアップ調査を実施するので、必ず協力してください。
  4. 採用者においては、進学先を必ず報告してください。
TOPへ
  • ポスター・チラシ etc.広報ツールダウンロード
  • トビタテチャンネル
  • ABOUT TOBITATE!