大学生・大学院生のための国別留学ガイド 大学生・大学院生のための国別留学ガイド

エジプト エジプト

エジプト・アラブ共和国(通称エジプト)は中東とアフリカの間にある、アラビア語を公用語とする国である。国教はイスラム教で、国民の約90%がイスラム教徒である。したがって、祈祷や飲酒などに関するイスラム文化を理解することが留学生には求められる。
中東に関する情報を発信する事が多いエジプトでは、中東政治などの地域研究が盛んである。加えて、スフィンクスや王家の谷、ミイラといった古代エジプト文明の遺産を実際に見ることができるので、留学先の授業にとどまらず、歴史や中東文化に触れる機会がある。
アラビア語圏のエジプトであるが、英語で学ぶプログラムも高等教育機関に用意されていることがある。例えば、カイロ大学、アインシャムス大学、AUC(The American University of Cairo)、エジプト日本科学技術大学(Egypt-Japan University of Science and Technology:E-JUST)では、英語で授業を行っている学科もあり、エンジニア等についても英語での学位取得が可能である。
留学条件として高等学校卒業は必須だが、それ以外にもエジプトが各国に対して定める条件がある。例えば日本の場合は、大学に入学していることや中等教育修了相当の資格を取得していること、あるいはエジプトにおける中等教育修了と同レベルにある英語の試験に合格する事が必要である。
上記の認定を受けると、一般的にアラビア語と宗教に関する試験が免除されるが、学科によっては免除されない場合もあるため、詳細は必ず個別に大学へ問い合わせよう。

留学イメージ1

留学イメージ2

大学の入学条件

高等学校を卒業している者

なお、平均の授業料は以下の通り:
公立大学:約5,000米ドル~8,000米ドル(※2 JASSOの調べによる) 私立大学:約10,000米ドル~(各大学によって異なる)

必要な語学力

英語(TOEFL約500点以上)またはアラビア語(十分なコミュニケーションが取れる程度) 

出願時期

一年を通していつでも出願可能だが、学期は9月から開始。

生活費(平均)

約8,000LE(約600米ドル、住居費等も含む)
公共交通機関はバスが2LE-5LE、電車が2LE

一般的なランチの価格

エジプト料理:
コシャリ(エジプトの国民食)約10LE~15LE
ターメイヤサンドイッチ  3LE~5LE
飲み物代(ジュース代) 3LE
外食の場合:
飲み物代も含めて一食あたり50LE~300LE

滞在先

大学の学生寮(寮を持っている大学とそうでない大学がある)
自分で手配した住居等

渡航前に必要なもの

パスポート、ビザ、入学許可書、航空券・保険の手配、外貨・クレジッドカード

学期制度

2学期制。時期は以下の通り。
1学期:9月中旬~1月中旬
2学期:2月上旬~5月下旬

参考になるwebサイト

JASSO 海外留学支援サイト: http://ryugaku.jasso.go.jp/oversea_info/region/africa/egypt/ newwin

※海外留学支援サイトに別ウィンドウで開きます。

エジプト高等教育省・Cultural Affairs and Missions Sector〔アラビア語・英語〕:
http://mohe-casm.edu.eg/index.jsp newwin

※エジプト高等教育省・のサイトに別ウィンドウで開きます。

(取材協力) 在エジプト日本国大使館 http://www.eg.emb-japan.go.jp/j/ newwin

※在エジプト日本国大使館のサイトに別ウィンドウで開きます。

  • ポスター・チラシ etc.広報ツールダウンロード
  • トビタテチャンネル
  • ABOUT TOBITATE!