2018.11.12

【高校生コース】第4期事後研修会レポート

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】では、留学経験を振り返りそこから得る学びの質を高めるために事後研修会を実施しています(順次、帰国した生徒を対象に東京・大阪の2会場で実施)。
今回は、事後研修会の様子をレポートします!

【高校生コース】第4期事後研修会レポート

事後研修会の主な4つの目的とは?

事後研修会は派遣留学生が、留学前の事前研修会で出会った全国の仲間達に久々に出会える場でもあり、また、お互いの経験を語り合うことで仲間の絆を更に強くし、主に下記の4つのことを目的に学び合う場です。

①留学期間中の活動・経験を振り返り、仲間に伝えることで自身の学びを整理する
②留学から得た学びを相互にシェアすることで学び合う
③留学を経たからこそ設定出来る自身の目標を明確にする
④留学機運醸成に寄与するため、自身が取り組むエヴァンジェリスト活動を明確にする

(1)午前中は体験のシェアを通じた学び合いが中心

事後研修会に参加する派遣留学生は、留学目的や渡航先、取り組んだ活動などがそれぞれ異なるため、まずは自分の留学体験を語り合います。
 お互いにどのような苦労があったのか、何が嬉しかったのか、どのような学びを得たのかをシェアすることで自身の体験を見つめ直すことが出来ます。留学中の気持ちやモチベーションの変化をグループになって語り合う際には、“やはり自分と同じ経験をしている”という共感や、“同じ経験でも全く違う感じ方をしている”等の多くの発見が生まれています。

(2)午後は目標設定に取り組む

留学を通じて経験した自信になったこと、悔しかったことを見つめ直した上で、今後どのようにしてその経験を未来に活かしたいのかを考えます。留学で経験したことがそれぞれの成長に確かに繋がっていくよう、新たに始めたいこと、継続して取り組みたいことなどの具体的な目標を立てます。
 また、海外の魅力や留学で得た体験を周りに伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として、どのような活動が出来るのかチームで考えます。チームで取り組むことで、派遣留学生ならではの斬新なアイディアが生まれます。
 午後の活動のハイライトとして、トビタテ!留学JAPANでの経験を通して学んだことを言語化してポスター作成をします。留学を通じて学んだことは何だったのか、自分はどのように成長したのかをチームで考え抜き、それを最終的にはポスターとして表現していきます。
 どのチームも留学やトビタテ!留学JAPANの良さを様々な視点から語り、ポスターを使って熱いプレゼンをしてくれます。

(3)最後は未来への目標の宣言

これからどう未来を歩んでいくのか、次のステップに向けた目標を宣言します。宣言をすることで、未来への大きな一歩を踏み出す決意が出来ます。
 事後研修会ではお互いの経験を共有することで得られる多くの気づきや、そこからの学び合いを大切にしています。彼らの可能性に大いに期待し、日本・世界を担うグローバル人材として更なる成長を心から願っています。

参加した派遣留学生の感想

・みんなの留学をいろいろ知ることができて楽しかったです。自分の留学とは全く違う人それぞれの景色を見ることが出来た気がします。
・自分はこうなりたいんだって自分のことなのに初めて気がつけた気がします。客観的に考えるのが初めてだったので、面白かったです。
・最高にカッコよくて面白くてモチベーションの高い人達と素晴らしい時間を過ごせたと思う。普段私の周りにはいない種類の仲間にただただ圧倒された。彼らのような仲間と繋がりを持てた研修会は私に大きな影響を与えたと思う。
・仲間と話したり笑ったりしながら活動する中で絆を深めるとともに、仲間に刺激されるとても充実した時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました

留学やトビタテの最新情報をGET!