ゴーマン朗馬さん

奨学金という翼で世界へ飛び立てた!

ゴーマン朗馬さん(埼玉県立浦和高校卒業)

University of St Andrews 在学中

海外の大学に進学をするにあたり、ハードルに感じていたことは何ですか。そして、それをどう乗り越えましたか。
留学における一番のハードルは資金調達でした。英国の大学の学費は日本の大学と比べると倍以上高く、奨学金なしでは進学ができない状況でした。しかし、当団体(Jasso)の奨学金支援のおかげで海外留学という目標を達成することができました。
いつ頃から海外留学を意識していましたか。また、海外留学に向けて、どのような準備をしましたか。
海外留学は高校受験の時点ではすでに意識していました。日々の英語の授業をはじめ、英語ディベートに取り組んだり、高校の交換留学制度で長期留学を経験したことで学部留学も可能になりました。
実際に留学をしてみて、良かったと思っていること、大変だと思っていることは何ですか。
英国の大学の特徴である専門性の高さや、レベルの高い学習環境、国際色豊かなところがとても好きです。大変なところは、学習量や課題量が多いことと、寮やアパート等の費用が他の地域より高いことです。
今後のキャリアプランについて教えてください。
コンサル業に興味があります。また、就職だけではなく起業することも視野に入れていて、大学生のうちに友人と教育関係のサービスを開始するために活動中です。
海外の大学に進学することを希望している後輩へのメッセージを記述してください。
最近は人気が高まっていますが、海外の大学に進学するというのは未だに難しい選択だと思います。これから受験をはじめとした色々な試練が待ち受けていると思いますが、決して諦めず、自分が満足できる進路を選択してください。

留学やトビタテの最新情報をGET!

公式アカウントをフォロー

ニュースレターを受け取る