トップ > 企業の人事に聞く > vol1.三井物産株式会社

企業の人事に聞く

企業の人事担当に聞く、
グローバル時代に求められる人材像
三井物産株式会社
人事総務部人材開発室長 中野真寿様
photo
大事なのは語学力じゃない
“常識が常識ではない世界”に身を投じてみて
Q:改めまして、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」への御支援をありがとうございます。今日は御社が求める人材と、“留学”との関係についてお話をお伺いできたらと思います。やはり商社ですと海外で働くチャンスも多いですから、語学力は重視されるのでしょうか?
中野:弊社はグローバルに事業を展開している企業ですが、語学力よりもその方の人間性をしっかり見ることを第一に考えています。つまり、留学を経験した方であれば留学中に何を考え、何を感じ、何を見て、どのように自身の成長につながったかということが一番大事で、語学力はその後についてくるものだと思います。
私たちが留学経験のある学生に期待する要素は次の4点です。1つ目は、タフさ。留学先では自分がマイノリティである環境の中で生活をする精神力が培われます。2つ目は、好奇心の旺盛さ。日本の心地よい環境から抜け出して留学に挑戦してみよう、という志は好奇心の強さからくるものであろうと思っています。3つ目は、学ぶ意欲の高さ。留学先の厳しい環境の中で教養や語学力を磨かなければなりませんから。4つ目は、価値観の多様さ。様々な国籍の方々と交わることで、多様な価値観に気付くだろうと考えています。例えば、海外に出たら蛇口をひねっても「水がでてこない!飲めない!」というようなことに直面することもあるでしょう。今までの常識が通じない世界に身を投じてみて、そこで何を感じるかが重要だと思っています。
留学による休学・留年は問題にならない
大事なのは貴重な留学期間に何を学ぶか
Q:留学によって休学や留年した場合、就職活動の際に不利になることを心配する学生が多いようなのですが、それについてどのように思われますか?
中野:休学や留年をしたからといって不利になることは、全くないでしょう。ただ、留学期間中に何をして、どう過ごしたかということはとても大事だと考えています。留学経験により、人間の幅や懐が広がるのではないかと思います。例えば、日本人としか議論をしたことがない学生よりも、全く違う文化で生きてきた海外の人たちと議論を交わした経験のある学生の方が、新しい発見や気付きがあり多様な価値観に触れる機会が多いはずです。私たちは世界を舞台に仕事をしていますから、日本人だけで仕事が済んでしまうということはほとんどありません。留学への志や心構えにもよると思いますが、個人的には卒業が1年延びたとしても留学を経験した方がプラスになるのではないか、と思っています。
また、学生の就学先やキャリア観が多様化してきたことから、弊社は年間を通して柔軟に採用窓口を設ける「グローバル通年採用」を導入し、海外においても選考を実施しています。昨年は、欧州、米州、ブラジル、中国、韓国の5地域で選考を実施しました。コンセプトは学生の目線に立った採用活動、ということです。
学生の本分は学業ですから、いかにして学業や留学を妨げない採用活動をするか、ということを第一に考えています。また昨年から海外大学を卒業する学生のために新卒10月入社も導入しています。
photo
Q:留学から帰国するタイミングでスムーズに入社できるというのはいいですね。
広い世界にまずは一歩踏みだそう
留学は自分を再認識する貴重な機会
Q:留学で学ぶべきポイントとはどのようなものだとお考えでしょうか。
中野:留学や海外経験をするというのは、日本の外に一歩出て、自分の知らない世界を知って、見たことのない世界を見て、自身を再認識するためには非常にいい機会だと思います。自分が知らないことを学び、体験してみることによって、自分はこれから社会に出て何をしたいのか、人生において成し遂げたい夢を見つけるきっかけになるのではと思っています。
一般的には留学というと、語学を学びに行くだけのように思われがちですが、語学だけでなく、インターンやフィールドワーク、ボランティアなど、実際に社会と接点を持つ体験をすることから何かを感じることも非常に価値のあることだと思います。
photo
Q:最後に、学生に向けてメッセージをお願いします。
中野:学生のみなさんには、ぜひ外へ一歩踏み出して自分の知らない世界を知り、いろいろな経験をして学んで欲しいと思います。留学で初めての体験をして多様な価値観に触れ、自分を改めて見つめ直す機会にして欲しいと思います。積極的に海外へ飛び立とうとする方を応援しています!
Q:ありがとうございました!

注目のグローバル制度

グローバル通年採用:
若者の就学や働き方が多様化する中で、学生の学業や留学を妨げず年間を通して柔軟に採用窓口を設ける採用活動。昨年は欧州、米州、ブラジル、中国、韓国の5地域で海外選考を実施。
早期海外派遣:
担当職(総合職)として入社した社員を対象に入社6年以内に全員海外に派遣する制度。派遣期間は6か月~1年間で、派遣先は世界全域。